カウンターは基本的な戦術の一つであり得意とするチームは多い。 ただ前線の個の能力によってその完成度は大きく異なる。 また、カウンターを主戦術としたサッカーを カウンターサッカー と呼ぶ。 終盤に待望の先制点を奪うことに成功したリヨンが、そのまま1-0で勝利を収めている。, サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 アーセナルの下部組織出身のエンケティアは、2017年にプロデビュー。リーズ・ユナイテッドへのレンタル移籍を経て、今シーズンからはファーストチームに定着している。

◆ベッカム、メネズ、イブラヒモビッチの3人でもぎ取ったゴール
一瞬で相手を陥れるレアルの高速カウンターからベイルが決めたしたたかな1点【チーム・ゴールズ】 (超ワールドサッカー) 11月19日 20:00 “神童”ヴィニシウスが大胆なサイドチェンジから決めた美しいカウンター【チーム・ゴールズ】 現代サッカーにおいて多様な変化を見せるフォーメーション。選手や監督がフォーメーションの長所や短所を深く知る。それは勝利を呼び寄せるための重要な鍵となります。両チームのフォーメーションとシステム変化に注目してより深くサッカーを楽しみましょう。 ショートカウンターは弱者が強者を倒すための攻撃戦術として発展しましたが、今や世界中の多くのチームで使われています。 そこで今回はショートカウンターについて、サッカー初心者でも分かりやすく … PSGでは公式戦180試合で156ゴールという数字を残したイブラヒモビッチだが、2013年2月24日に行われたリーグ・アン第26節のマルセイユ戦では、スター選手たちとの美しい連携からゴールを決めている。 1-1の同点のまま迎えた88分、アーセナルが左からのコーナーキックを得る。クロスはバイエルンの選手にクリアされるも、クリアボールをFWタイリース・ジョン=ジュールスがボックス内で収めると、中央にいたDFカラム・チャンバースとの華麗なワンツーでゴール左深部に抜け出す。ジョン=ジュールスが素早い折り返しのパスを中央へ入れると、エンケティアがこのボールに反応し、見事な勝ち越しゴールを決めた。 キャリアを通して数々のビッグクラブを渡り歩いてきたイブラヒモビッチは、2012年夏にミランからPSGに加入。チームのエースとして得点を量産し、多くのタイトルをもたらした。 まさに戦略勝ちという試合展開で、堅い守備からカウンターで鹿島を仕留めた。 組織的なサッカーで相手のストロングポイントを消すことに長けるネルシーニョ監督。残り6試合となったなか、わずかながら上位フィニッシュの可能性を残している。 右サイドを駆け上がっていたカンセロが完全にフリーでボールを受けると、そのままドリブルでボックス内に侵入。強烈なシュートを放つと、相手にブロックされながらもシュートをゴールにねじ込み、見事な先制ゴールを決めた。 このゴールで勢いに乗ったシティが、3-1で勝利している。, サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 0-0で迎えた6分、PSGが相手陣内中央でFKを得ると、ボックス左に開いていたシウバに浮き球のパスが入る。シウバが高いジャンプからヘディングで中央に折り返すと、マルキーニョスがファーポストから走り込み頭で合わせる。叩きつけるようなヘディングは見事に決まり、先制ゴールとなった。 このゴールで2-1とリードを奪ったアーセナルが、非公式戦ながらバイエルンから勝利を収めた。, サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 今回はカウンター時の攻守の原則を忠実に守るチームとそのポイントを紹介しました。 中編ではさらに組織的な連動を見せたチーム、プレイヤーの特徴というアレンジを加えたチーム、そして上手くいかなかったチームも紹介します。 サッカーにおけるボール奪取時の チームの状態と攻守の切り替えとの 関係について ‐大学2校間における対抗戦の事例研究‐ On a Relation between the State of Teams at the Time of the Ball Take, and Transition between Offense and Defense in Soccer. カウンターサッカーとは?サッカーの攻撃戦術を徹底解説! 現代サッカーはポゼッションサッカーが主流という方も多いかもしれませんが、実はそのようなことはなく、カウンターサッカーもそれなりに採用されており、好成績を残しているチームも存在します。 ポゼッションとカウンター、どっちが攻撃的で守備的かっていう議論が良く出るんですけど、実際のところはポゼッションかカウンターかではどっちとも言えないんですね。 例えばポゼッションってボールをにぎってずっと攻撃しているイメージもありますけど「ボールを持っている=相手に攻撃されない」っていう事だから守備的とも言えます。 逆にカウンターも守って守って一気に攻めるみたいな弱者の戦術のイメージがあり … 時代の流れとともに変遷するシステム論。本稿では、現代フットボールでよく採用されるシステムをいくつか紹介し、あわせてその特徴などについても触れていく。昨今はどのチームも戦術的練度が高くなりつつあるが、システムは戦術の幹でもあるのでその概略は理解しておきたい。 カウンターサッカーのメリットは何といっても、格下のチームが格上のチームを倒す ジャイアントキリング の可能性にあります。 また、 守備に比重をおけるため 失点を減らす 効果もあります。 サッカーのフォーメーションについて、このブログでも何回か紹介してきましたけど、 今回はフォーメーションに相性はあるのかどうかについて考えてみませんか。 ここでは、全くの私見ですが、フォーメーションの相性について紹介したいと思います。 0-0のまま迎えた86分、敵陣中央でMFタンギ・エンドンベレがボールを奪うと、ドリブルでボールを運び、右サイドのFWベルトラン・トラオレにパスを出す。トラオレがタメを作ると、インナーラップでボックスに侵入したDFレオ・デュボアにスルーパス。デュボアが折り返しのパスを中央へ送り、最後は後方から走り込んだテリエが合わせ、見事なゴールを決めた。
◆華麗なパス回しからテリエがフィニッシュ
ストラスブールで頭角を表したテリエは、2018年にリヨンに加入。若きアタッカーとして公式戦35試合に出場し、6ゴールを記録した。 試合はPSGがそのまま2-0で勝利している。, ボックス内での華麗なパスワーク 逸材エンケティアがICCの舞台でバイエルンから挙げた見事なゴール【チーム・ゴールズ】, チアゴ・シウバの折り返しからマルキーニョスがズドン!DFコンビが頭で繋いだ連携ゴール【チーム・ゴールズ】, リヨンの華麗なパス回しからフランスの快速ウインガー、テリエが押し込む!【チーム・ゴールズ】, シティの美しいパスワークから右サイドを駆け上がったカンセロがゴールをねじ込む【チーム・ゴールズ】, ベッカム、メネズの連携から最後はズラタン!PSGトリオが見せた美しいゴール【チーム・ゴールズ】. 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はアーセナルのU-21イングランド代表FWエディ・エンケティアが決めたゴールだ。 サッカーでのカウンター1発勝利のシナリオはこのようになります。 引いて守られて得点が奪えないチームは焦りと集中力が切れ始め、上げすぎてはいけない最終のディフェンスラインまで個々の考えで攻撃に上がり始めます。 前述したようにポゼッションサッカーをベース戦術に採用しているチームは遅攻と呼ばれるようにカウンターサッカーに比べると時間をかけて得点を狙う。そのため相手がゴール前を固めてスペースを無くすとチャンスが出来にくいのは当然だ。 サッカー観戦をしていると、解説者の方が「このチームのカウンターには要注意ですね~」とか言っていることあると思います。 なんとなくわかるけど、結局どんなプレーがカウンターなの? 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)っ時代に決めたゴールだ。 サッカーにおける、戦術の歴史をたどっていくと「ポゼッション」と「カウンター」という2つの戦術から、サッカー戦術は始まっています。カウンターは、弱者が強者を倒す戦術としても有名です。 0-0で迎えた22分、自陣に降りてきて受けたFWリヤド・マフレズが、中央のMFフィル・フォーデンにボールを預けると、フォーデンがこのボールをダイレクトで右サイドにパスを出す。
◆エンケティアが決めた華麗な連携ゴール
タイでサッカーの八百長事件の大規模摘発が行われたという報道がされましたが、サッカーにかかわる人にとって八百長が発覚した場合、サッカー... 今シーズンからUEFAチャンピオンズリーグまで見れるようになったDAZNですが気が付けばサッカー見るならDAZNの一択になってきたように思え... 現代の主なサッカースタイルには、バルセロナやスペイン代表の代名詞といえる「ポゼッションサッカー」と、レアルマドリードや現在のブラジル代表、ハ... 当サイトで紹介するコンテンツ、外部リンク先で生じたいかなる損害に対しても一切の責任を負いかねます。 その他, 現代の主なサッカースタイルには、レアルマドリードや現在のブラジル代表、ハリルジャパンが目指す縦に早い「カウンターサッカー」とバルセロナやスペイン代表の代名詞といえる「ポゼッションサッカー」と、があります。, カウンターサッカーとは、相手のボールを奪った後に相手のディフェンス態勢が整う前に縦に素早く推進し、ゴールを陥れるサッカースタイルのことです。, ボール支配率よりもいかに素早くボールをゴールに近づけるかを重視するため、試合を通してのボール支配率は低くなる傾向があります。, 守備的なサッカーと揶揄されることの多いカウンター戦術ですが、実はヨーロッパの舞台では世界最高のチームのひとつであるレアルマドリードの高速カウンターは相手チームの脅威となっています。, フォワードの選手は前線に残る傾向が強く、ディフェンスラインで奪ったボールが一直線にフォワードの選手にわたることが多いです。, フォワードに渡ったボールをシュートに繋げることができなかった場合に、ボールをキープして味方の上りを待って再度攻撃をしかける二次攻撃の戦術が必要です。, 二次攻撃の準備をしない場合、ボールをキープしているフォワードの選手が相手ディフェンスに囲まれてボールを奪われてしまい、攻撃が終了してしまいます。, 日本代表に長く言われている決定力不足というキーワードですが、ヨーロッパを見渡してみると、レアルマドリードには絶対的なゴールハンターのクリスティアーノロナウド、過去にはブラジルのロナウドなど、世界最高のゴール決定力を持った選手がいます。, しかし、実はレアルマドリードなどの試合を見ていると、意外にシュートミスは多く、ゴールを決め切ることよりもシュートで終わらせることを重視していることがわかると思います。, カウンターサッカーのメリットは何といっても、格下のチームが格上のチームを倒すジャイアントキリングの可能性にあります。, カウンターサッカーでは攻撃に手数や選手をかけないことが多いため、守備に比重を置くことができます。, サッカーの醍醐味のひとつである番狂わせ、いわゆすジャイアントキリングは、守備を固めたチームがカウンターでワンチャンスをものにして、焦った強豪のプレー精度がおちて最終的に格下が格上に勝つことがあります。, また、セットプレーも大きなチャンスになるため、フリーキックの得意な選手がいると戦術の幅がひろがります。, カウンターサッカーでは相手がボールを持つことが多いので、必然的に相手の方がシュート本数が多くなります。, センターバックもサイドバックも、攻撃よりも確実に守備の仕事をこなすことが求められます。, サイドバックには、カウンターの失敗時に二次攻撃に繋げる、攻撃失敗時にすばやく自陣に戻ることが求められるため、スタミナが必要とされます。, ボランチはボールを刈り取るアンカーとしての仕事はもちろん、前線の選手や前線のスペースにある程度の精度のボールを数回に1回は供給する能力が必要です。, しかしカウンターサッカーの場合は守備の機会が多くなるため攻撃のチャンスはすくなくなったり、攻撃に人数をかけることができない場合が多いです。, そこで、センターフォワードには個人で打開できる個の力、味方の上りで二次攻撃に繋げる場合のキープ力、少ないチャンスを確実にモノにする決定力、相手のゴールに近い位置でファールを誘う巧さなど、攻撃の選手としての能力を高いレベルで求められます。, 相手ゴールに近い位置でのフリーキック、センターバックも攻撃に参加できるコーナーキック、PKなどのセットプレーも数少ない得点チャンスです。, レアル・マドリードのようなタレントを揃えた強豪チームがカウンターサッカーをすると、格下のチームにはノーチャンスになります。, 好調時のレアル・マドリードはベイル、ベンゼマ、ロナウドのBBCが高速カウンターを発動し、そこに中盤の選手が絡んだカウンターは、シュートミスを願うしかないという相手ディフェンダーにとっては驚異のカウンターでした。, カウンターサッカーは守備的でつまらないと批判されることも多いですが、組織的に、テクニックを見せながら行う高速カウンターは非常に魅力的です。, また、実力で劣る格下のチームが少ないチャンスをモノにして格上のチームを倒すジャイアントキリングはサッカーの醍醐味のひとつです。, 日本代表も現在、ハリルホジッチ監督の指導で縦に早いカウンターを身につけようとしていますが、これも格上の南米やヨーロッパ勢に勝つためには効果的かもしれません。, サッカースタイル, カウンター, レアルマドリード, サッカー戦術, 高速カウンター.
◆カンセロがねじ込んだチームゴール
◆マルキーニョスとシウバのコンビで決めたゴール
サッカーのカウンター練習は、基本的には個人での練習というよりチームの練習になりますが個人でもやるべきことはたくさんあります。 そこで今回は、「カウンターが上達する練習法」を個人練習とチーム練習の二つに分けて紹介していきます。 2018/2/20 2013年夏にローマからPSGに加入したマルキーニョスは、主力として定着。タレント豊富なチームの中でも、安定した出場機会を得て活躍している。 鮮やかなカウンターから、たった3人で相手ディフェンスを崩したインテル。 ... レアルがcwcで見せた、欧州王者の実力を見せつける完璧な崩し【チーム・ゴールズ】 サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。 サッカーにおける戦術の種類とは、ポゼッションサッカーを目指したり、カウンターサッカーを目指すといったチームとしての役割を語る戦術の場合もありますし、フォーメーションによる戦術理論を語ることもあります。 カウンター攻撃はサッカーでの攻撃戦術の中で、即座に相手に打撃を与えられる攻撃方法です。 サッカーでは、攻撃と守備の間での「切り替え(トランジション・Transición)」の繰り返しが試合中に何回も行われます。 そして、近年のサッカーでは早い攻守の試合展開が行われ、多くのチームで切り替え(トランジション・Transición)のスピードと精度への重要性が高まっています。 サッカーの攻撃と守備での集団戦術については、こちらの記事で詳しく解説しています。 “相手からボールを奪い返し、相手 … 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表DFジョアン・カンセロが決めたゴールだ。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョスが決めたゴールだ。 PSGが1-0とリードして迎えた91分、相手ボックスの前でボールを持ったFWジェレミー・メネズが中央のMFデイビッド・ベッカムとの華麗なワンツーでボックス内に抜け出すと、相手DFのプレスを背中で抑えながら、一瞬の隙を見てクロスを入れる。ゴール前左のほとんど角度のない位置でイブラヒモビッチが押し込み、試合を決定付ける追加点が決まった。 サッカーの戦術用語をまとめました。 ... であるが、リードしているチームが点差を維持したまま逃げきろうとするときやロングカウンターを狙うチームが多用する。 このゴールでPSGが勢いに乗ると、強豪マルセイユ相手に5-1の大勝を収めている。, サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 今後は各チームによる対策も進んでくるだろうが、大分は昇格組でありながら今季のj1で注目すべきチームの1つだ。 おすすめの記事 トップ > ニュース一覧 > Jリーグ > J1復帰の大分の特異なパスサッカー 疑似カウンターでアジア王者撃破 スピードと裏抜けのセンスを武器に相手の脅威となるエンケティアだが、2019年7月18日に行われたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)のバイエルン戦では、見事なゴールを挙げている。 ベンフィカユース出身のカンセロは、バレンシアやインテル、ユベントスなど、ビッグクラブでのプレーを経て、2019年夏にマンチェスター・シティに加入。貴重な戦力として存在感を発揮している。 サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。, ダービーでスーパーゴールのソン・フンミンがお願い「今回のゴールの映像が永遠に使われるようになったらいいね!」, “悪童”スアレスが見せた父の顔にホッコリ…!コロナ隔離明けに娘と再会する姿が可愛すぎると話題に, 「なんでデンベレの方が試合に出てるの?」バルサBの“リーサルウェポン”にファンから期待の声, 長女ダルマさん号泣…マラドーナ氏の古巣、ボカの選手たちが得点後にレジェンドへ向け追悼ジェスチャー, 【名場面】“神の手”からわずか4分後 マラドーナが本当の“神”になった 「伝説の5人抜き」(動画あり), 衝撃のPK戦!GKが退場の大ピンチ、MLSカップで急造GKがスーパーセーブでチームを救う, サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 ハリルホジッチ率いるサッカー日本代表はカウンターを軸としたサッカーを展開しています。他にも世界中のリーグでカウンターを主体としたチームが好成績を残していますよね。ではこのカウンターとはどういった戦術なのでしょうか?この記事ではサッカーにおけ コンテンツに関する内容、広告掲載やご質問等ございましたら、管理人までお問い合わせください。. 2019/5/31 攻撃力の高いSBとしてシティの攻撃に厚みを与えているカンセロだが、2019年12月18日に行われたカラバオカップ(EFLカップ)準々決勝のオックスフォード・ユナイテッド戦では、見事なゴールを決めている。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はスタッド・レンヌのフランス人FWマルタン・テリエがリヨン時代に決めたゴールだ。 同胞のDFチアゴ・シウバとCBとしてコンビを組むことも多かったマルキーニョスだが、2017年2月26日に行われたリーグ・アン第27節のマルセイユ戦では、CBペアの連携からゴールを奪っている。 抜群のスピードと足元のテクニックを備えたテリエだが、2019年3月29日に行われたリーグ・アン第30節のスタッド・レンヌ戦では、見事な連携からゴールを決めている。

スイートピー ステークス 2020 予想 オッズ, 韓国 お菓子 郵送, 草津東 サッカー 渡辺, 失恋ショコラティエ 最終巻 ネタバレ, コカコーラ オリンピックスポンサー 金額, おっさんずラブ ロケ地 相模原, コウノドリ 佐野 夫婦, 渇き オダギリジョー 曲, 立命館 慶 祥 指定校推薦, 森永 おいしい牛乳 キャンペーン, 南スーダン 日報 隠蔽,

Follow me!