インドのガンジス川(ガンガー)は「聖なる川」なのだが、「聖」だからと言って美しいわけではない。むしろ、その逆に非常に汚染された汚れた川である。 沐浴、歯磨きをする人々の横を遺体が流れる ガンジス川で採れた魚介を使ったカレーを食べたらこうなった . 今回はガンジス川で有名なバラナシでバックパッカーが送る普遍的な一日をご紹介します。 日本人宿とは? まず、僕が今泊まっている宿・サン� インドのガンジス川は矛盾に満ちている。この大河は冷たく、その水源はヒマラヤ山脈の氷河にまでさかのぼる。だが、その透き通っていた水は、インドの人口密度の高い都市を通りベンガル湾へ流れ込むまでに、ゴミと下水で汚れた水に変わる。インドのモディ首 ヒンズー教最大の聖地インド・バラナシを流れるガンジス川のほとりには、インド全土からオートリキシャや車にロープで縛られ毎日平均300もの遺体がやってきます。そしてこの聖地には荼毘に付される直前の姿を撮影している写真家が存在しています。, バラナシを流れるガンジス川のほとりには「ガート」と呼ばれるたくさんの階段状の沐浴場が存在してます。その一部は火葬場として利用されており、ここで荼毘に付され遺灰はガンジス川へと流れされます。また一部の人々はそのままガンジス川に流されます。, そんなインド・バラナシの聖なるガンジス川で1日16時間、葬儀中の家族と故人の写真撮影を行っているのが写真家 Indra Kumar Jha 氏(26歳)。撮影が終わると直ぐに小さなオフィスに戻り印刷して写真を渡してます。, 17歳の時に小さなカメラを購入し特に写真の教育を受けることもなく撮影をはじめてた Indra 氏。この仕事については「上司もいないし、1日に1500〜2500ルピー(約2500〜4200円)稼ぐことが出来る」ためとても気に入っていると話します。, 写真の値段はサイズによって変わり一枚120〜200ルピー(約200〜340円)。持っている記録メディアはSDカード1枚のみのため、容量がいっぱいになるとためらうこと無く全てを削除しています。, また Jha 氏が撮影した写真は、家族の記念としてだけではなく銀行への死亡証明にも使用されています。, 14. 写真左:貧しいカーストに属するオレンジ色の花マリーゴールド、愛情や謙虚さを表す白い花リリー、最も高価な赤いバラ。写真右:そして火葬前の遺体に塗られるインドのバター「ギー」。, 15. 2日目はHotelで朝食その後飛行機に1時間乗ってガンジス川があるバラナシまで移動お昼はバラナシのHotelでインドカレーすごく美味しいカレーと一緒に食べるナ… ヒマラヤ山脈 の南麓 ガンゴートリー氷河 (ウッタラカーンド州)を水源としており、そこからずっと東に流れていき、バングラデシュに入り、ベンガル湾まで流れています。. ガンジス川は水質汚染が深刻で、とても汚いです。地元の人たちはガンジス川で沐浴をしますが、免疫がない旅行者が沐浴しても、病気になることはないのでしょうか?ガンジス川がどれくらい汚いのか、感染症になる可能性があるかについてご紹介します。 写真左:死体を包む布「屍衣(Kafan)」。写真右:遺体を火葬ではなくガンジス川に流す場合(子どもや妊婦など)に川底へ沈むように足にくくりつける石。, これらの写真集「SLEEPING BEAUTY, INDIA」は、インド・バラナシの写真家 Indra Kumar Jha 氏とイタリアの写真家 Matteo de Mayda 氏の作品です。, ガンジス川の辺りでヒンズー教の精神世界に生きる修行僧「サドゥー」たちを撮影した写真と映像です。 糸車を廻すカンジーのイメージは著名だが、政治指導者の彼が自ら糸を紡ぐのは、インド綿花を輸入加工してインドに再輸出するイギリスの植民地経済政策に対する抵抗の意思表示であり、また彼の「働かない日に食べるパンは、盗んだパンである」という信条の実践であった 。 [閲覧注意] インド・バラナシのガンジス川で遺体を撮影する死の写真家の作品集「Sleeping Beauty, India」 2017.01.30 02:54 by wakaba ヒンズー教最大の聖地インド・バラナシを流れるガンジス川のほとりには、インド全土からオートリキシャや車にロープで縛られ毎日平均300もの遺体がやってきます。 バラナシにある84ヶ所あるガートの内の数ヶ所をご紹介。特に火葬場のあるマニカルニカー・ガートは衝撃的な場所でした。インド中から集まってくる遺体を24時間体制で火葬していて、屋外の親族の目の前で組み上げられた薪で焼かれて行きます。。日本人的には考えられない光景でした。 流域面積は 1,730,000 km²で、日本の利根川の およそ103倍! 写真左:偉い人に使用される高価な木材「白檀(ビャクダン)」。写真右:ガンジス川の聖なる水を遺体の口と額に注ぐために使用する陶器。使用後は地面に落として壊してしまいます。, 16. ガンジス川で沐浴し、そのままおいしいインドカレーを素手で堪能した私アイナメチヌオ。指で食べるターリーは最高ですが、それが原因で"卵ゲップ病"を患うことに!死体の流れる川なんだから、当然ですね。みなさん、インド旅行の際にはご注意を! ガンジス川から引き上げた遺体をそのまま食べる。 インドの「食人族」アゴーリの人たち | 1000mg 3 users 1000mg.jp Tweet; 写真:石川直樹 エベレストに隣接するローツェ、マカルー、K2 近年、ガンジス川は水質汚染が大きな問題となっています。2007年世界で最も汚染された川ワースト5位に入り、人間だけでなく(健康被害)ガンジスカワイルカなどの生物にも影響が及んでいます。短期間に大量の遺体が発見されたため、周辺地域で深刻な健康被害があると考えており、地元当局が調 … ガンジス川は . 植え付け. インドまとめ編集長。2016年、インド100都市を鉄道旅。2017年、日本47都道府県制覇。2018年、6年かけて早稲田大学卒。2019年、Youtuber後藤スパイシーを開始。インド愛が止まりません。, 「カニバリズム」とは人間が人間の肉を食べる行為である。現代において「カニバリズム」は日常からほど遠いものであり、猟奇的殺人犯が登場する映画の世界の話だろう。, 驚くことに現代においてインドでは、人肉を食す「アゴリ」と呼ばれる修行僧が存在している。アゴリとは、ヒンドゥー教の宗派の中でも、異端中の異端の派閥に分類される僧侶(サドゥ)の総称。ガンジス河をのぞむインドの聖地バラナシを中心に彼らは放浪している。, アゴリにとって「不浄の中にある純粋さ」を求めることがヒンドゥー教徒としての生き方そのものであるからだ。「不浄」と向き合うこと(人肉を食べることは一例に過ぎない)は神への境地へ達する最速のルートだと考えられている。, 「死」という概念は、世界共通で人間が忌避する対象であることは言うまでもない。しかしアゴリは不浄である「死」を歓迎する。不浄な存在はなんでも歓迎する。人間の排泄物だろうと。, 一方、敬虔なヒンドゥー教徒は、禁欲主義や菜食主義的観念を持ち、生活で実践することで、神を喜ばす(あるいは、神の境地へ達する)。ヒンドゥー教徒の模範であり、いわば正攻法である。, アゴリは遺灰を体や顔に塗っていることが多い(通常のサドゥも同じ見た目をしているので注意)。純粋さを追い求め、裸で過ごすアゴリも少なくない。公共の場であろうとアゴリは関係ない。バラナシでは、法律は無力と思えるほど無法地帯だ。神との対話の為に、酒を飲み、マリファナを外で吸うこともある。, 頭蓋骨はアゴリのシンボルだ。人間の頭蓋骨は、生の無常さを感取するリマインダーとして機能するだけなく、お酒を飲む容器としても使われている。, アゴリは人を殺めるわけではない。ガンジス河では毎日インド全土から遺体が運ばれ、火葬場で焼かれている。ガンジス河の火葬場は私たち観光客の間でも、有名であり、気軽に訪問ができる。炎に包まれ、じっくりと焼かれる遺体を目の当たりにし、多くのバックパッカーはそれぞれの気づきを得た。, ガンジス河では、火葬の費用が払えない等の理由で、火葬されずにそのままガンジス河に葬られることもある。そしてそれはアゴリの”食材”となる。, インドのバラナシに訪れて、頭蓋骨を携えるサドゥ(修行僧)にあったら、それはアゴリかもしれない。また火葬場のすぐ近くでマントラを唱えるサドゥは、アゴリの可能性が高い。遺体の上に乗っていたら、それはほぼ確実にアゴリだ。, インドに20年以上通い続け、直向きにインドのアンダーグラウンドシーンを取材し続けた写真家メアリーエレンマークス(Mary Ellen Marks)の衝撃的な写真集を紹介したい。わたくしザバルダスト神田も好きな写真家の一人だ。[s[…], 新中野のスパイス居酒屋「やるき」が想像以上に美味しかった。【東京カレー探訪vol.5】. ガンジス川はまじでおすすめしません。 インドではお腹を壊すのはほぼ当たり前ですが、ジャンルの違う壊し方をします… 私は運よく生きていますが、最悪の場合は死んでしまうこともあるみたいです。 なのでガンジス川に入るときは注意してくださいね インドに訪れるなら、ぜひ一度見ておきたいのが、聖なる「ガンジス川」ですよね。 ガンジスのゆったりとした流れを眺めながら、時間を忘れ、川のほとりでゆっくりと過ごすのも、日本では決してできない体験の1つです。 ガンジス河では毎日インド全土から遺体が運ばれ、火葬場で焼かれている。ガンジス河の火葬場は私たち観光客の間でも、有名であり、気軽に訪問ができる。炎に包まれ、じっくりと焼かれる遺体を目の当たりにし、多くのバックパッカーはそれぞれの気づきを得た。 ネパールの首都、カトマンズ。「人よりも神々のほうが多く住む町」と言われるほど、宗教色の強い街です。カトマンズの街中に溢れるヒンドゥー教やチベット仏教等の宗教的名所の中から、今回はネパール最大のヒンドゥー教寺院「パシュパティナート」をご紹介します。 平均水量は 18,490 m³/s!. インド・ヴァラナシのサドゥーたちの世界を写した写真集「Holy man」とドキュメンタリーフィルム「Beyond」, ソース:SLEEPING BEAUTY, INDIA – Matteo de Mayda, A Death Photographer Who Shoots on the Banks of the Ganges River, 1億人以上が集まるヒンドゥー教最大の祭典「クンブ・メーラ(Kumbh Mela)」の圧倒的な写真50枚 - DNA, 異形の修行僧、精神世界に生きるヒンズー教の「サドゥー」たちのポートレート集「SADHU HUNDRED」 - DNA, [閲覧注意]38年間右腕を上げ続けているヒンドゥー教の苦行者・サドゥーの写真 - DNA, [閲覧注意] 死してなお村を守り続けるパプアニューギニアのミイラ戦士たち「Aseki Smoked Bodies」 - DNA, 50人のポールダンサーが車上で踊る、数kmにも及ぶ台湾・元県議長の葬儀パレードが圧巻 - DNA, ©2010 Daily News Agency - このサイトについて - Twitter(@dailynewsagency) - RSS - 問い合わせ先, インド・ヴァラナシのサドゥーたちの世界を写した写真集「Holy man」とドキュメンタリーフィルム「Beyond」, スウェーデンのヘラジカの糞から作られたプレミアム・サイコロ「Moose Poop Dice」, ロシアの超僻地にあるサイバーパンクな農場での生活を描いたショートフィルム「RUSSIAN CYBERPUNK FARM」, 11才のビョークが小学校の学芸会で歌ったディスコソング「I Love to Love」が圧巻, どんな音がしても居眠りを続けるハスキー犬の赤ちゃん、ある音が聞こえた瞬間にバチっと目覚る, 鉱山の超巨大重機「バケット・チェーン・エクスカベーター」がゆっくりと移動するタイムラプス動画, 3Dプリンター製の違法な銃器パーツを「壁かけ用フック」と偽って大量に販売していた男が逮捕. ジャンクフードは癌のリスクを最も高める食品の1つです。たとえ美味しく食べていても、長期間食べ続けることによって、多くの点で健康に深刻なダメージを与える可能性があります。 新潮社 [特集/特集・インタビュー] (歴史・地理・旅行記) 5. そのまま冷凍保存することも可能です。食べる時は少し解凍してから包丁でカットし、スプーンですくって食べます。シャーベット状もおいしくてオススメです。 パッションフルーツの育て方・栽培方法. 特集. ガンジス川は水質汚染が深刻で、とても汚いです。地元の人たちはガンジス川で沐浴をしますが、免疫がない旅行者が沐浴しても、病気になることはないのでしょうか?ガンジス川がどれくらい汚いのか、感染症になる可能性があるかについてご紹介します。 ガンジス川はインド人の人が頭まで浸かって沐浴している風景が有名です。 バラナシに観光で行った日本人もよく同じように沐浴して、snsにアップしています。 ただ、覚えておいておきたいのは、ガンジス川はとても汚い川ということ。

中国 軍事費 アメリカ, プロスピ2020 バッティング フォーム, 憂国のモリアーティ アニメ 放送局, キラ メイジャー 21話, 韓国 テレビドラマ 2014, クローズ エクスプロード つまらない, あいみょん ハルノヒ 歌詞,

Follow me!