戦時下のアメリカのプロパガンダ映像Japanese soldier whom the united states news reports. 日本の危機を救った21人の偉人たちの生き方を、知の巨人が紐解いた人物伝『忘れてはならない日本の偉人たち』(渡部昇一著/弊社刊)。本日は本書からペリリュ―島の激戦を戦い抜いた名将・中川州男のエピソードをご紹介いたします。, ★あなたの仕事の課題、人生の悩みに効く「人間学」の記事を毎日お届け! 「人間力メルマガ」ご登録はこちら, 2015(平成27)年4月、天皇皇后両陛下が大東亜戦争の激戦地の一つ、パラオ共和国のペリリュー島を訪れ、英霊たちを慰められたことは記憶に新しいと思います。, ペリリューの戦いは日本兵1万人が米兵5万人を迎え打ち、その戦況は熾烈(しれつ)を極めました。島の規模は小さく、米国の海兵連隊は圧倒的な兵力で、当初2~3日間で決着をつけるつもりでいました。, 日本軍守備隊長を務めたのは、中川州男(くにお)という陸軍大佐でした。結果的に見れば日本軍は玉砕、中川も自刃したとはいえ、2か月以上に及ぶ戦闘に耐え抜き、敵軍を著しく消耗させたのは、この中川の卓越したリーダーシップによるものでした。, 今回は日本人にはほとんど知られていない、この中川州男という名将にスポットを当ててみたいと思います。, 中川州男は1898(明治31)年に熊本で生まれました。陸軍士官学校を卒業し陸軍歩兵少尉に任官の後は、歩兵第48連隊中隊長などを歴任。1937(昭和12)年盧溝橋事件が勃発、シナ軍との全面戦争に突入すると、中川は野戦指揮官として手腕を発揮し、その功績によって陸軍大学校に学び、陸軍大佐へと昇進します。歩兵第2連隊長となった中川は、連隊に所属する第14連隊が満洲から日本の統治下にあったパラオ諸島に配属されたのに伴い、ペリリュー島守備隊長に就任することになります。, 米軍がペリリュー島へと上陸作戦を開始したのは、その翌年の1944(同19)年9月のことでした。, 中川は陸軍大佐です。島での戦いに的を絞って訓練を重ねた米国の海兵連隊とまともに交戦すれば勝ち目がないことを知っていました。驚くべきことですが、それまでの日本軍には島での交戦を想定した戦略や戦術の蓄積は全くありませんでした。, 同年、日本の生命線であるサイパン島が陥落し、日本本土が米軍の攻撃の照準に入るまで、日本軍には島嶼(とうしょ)戦という発想がなかったのです。大東亜戦争まで、日本陸軍の一貫した敵国はソ連であり、太平洋でアメリカと一戦を交えるといった発想自体がそもそもありませんでした。, 中川は熟考を重ねて戦略を練り上げていきました。実は、中川は満洲からパラオに配置換えになった時、大連の港を出発する直前、参謀本部で島嶼戦について一人で研究していた堀栄三の話を聞き、それを詳細にメモしていました。そこで中川が初めて耳にしたのが艦砲射撃という概念でした。, 米軍の軍艦の大砲は、陸軍のそれとは全く比較にならないほど強烈な破壊力がありました。軍艦一隻の大砲は、陸軍の兵力の5個師団にも相当し、その威力は厚さ2メートル以下のコンクリートはたちまち吹き飛ばされてしまうというのです。パラオに移る直前に知らされたこの現実は、中川にとっては衝撃だったに違いありません。事実、米軍はペリリュー島に軍艦を寄せ、中川隊の5倍の先鋭部隊を投入してきました。力の差は歴然でした。, 中川がまずやったのは、音を立てずに米軍の上陸をじっと待ち構えることでした。米兵の多くが上陸してしまえば、米軍は下手に艦砲射撃はできないと読んだのです。この読みは当たりました。戦闘に当たって中川は500以上ともいわれる島内の洞窟に坑道を掘って島全体を要塞化していました。そして米軍の上陸とともに徹底したゲリラ戦法を展開したのです。, この戦いによって日本軍は僅か1連隊にして、米軍の海兵連隊や陸軍歩兵師団に大打撃を与え、交替を余儀なくさせました。, これは特筆に値することです。兵隊の決死の努力は言うに及ばず、しっかりした指揮官がいなければ、ここまでの戦いはできなかったでしょう。, ペリリューの戦いの時、私は中学2年でしたが、新聞やラジオで毎日のように、その激戦ぶりを報道していたことを思い出します。天皇陛下も島の兵士たちをいたく気遣われ、軍事面での特別の功労があった兵士たちに贈られる嘉賞(かしょう)を中川隊に11回も出されています。, 実際に兵士たちに届いたのは2回まででしたが、生還者の話では、この嘉賞は兵士たちを大いに奮い立たせたようです。, 陛下が見守ってくださっていると思えば、千人力、万人力を得た思いだったことでしょう。大東亜戦争が終結した後も、34名の兵士たちが2年間洞窟内で生き延びました。アメリカ軍が残した食糧で食い繋ぎ、米軍兵士の鉄砲を手にしてゲリラ戦を続けていたことも日本軍の精神力を物語るものです。, このペリリューの戦いをとおして、私たちは当時日本軍が抱えていた様々な問題点を知ることができます。, 島嶼戦を続けるための海兵隊を組織しなかったこともそうでしょう。サイパン島が陥落するまで島の守りに無頓着だったことが、日本を敗戦に追い込む引き金となりました。大正時代から準備していたアメリカとの差が大きかったのです。, だが、一方でそういう負の一面に立ち向かった将がいた事実を忘れてはいけません。中川はまさにそういう人でした。中川は人一倍の胆力の持ち主だっただけではありません。, 戦いに臨むに当たっては徹底して戦略や戦術を練り上げ、僅かの期間に準備をしたのです。そして現に兵数、物量ともに劣る絶対的に不利な条件にも関わらず、敵が予想しなかった驚くべき互角の戦いを展開したのです。そこに、将として本来あるべき姿を見るのは私だけではないでしょう。, (本記事は弊社刊『忘れてはならない日本の偉人たち』〈渡部昇一・著〉から一部抜粋・編集したものです。『致知』にはあなたの人間力・仕事力を高める記事が満載! 詳しくはこちら), ◇渡部昇一(わたなべ・しょういち)――――――――――――――――――――昭和5年山形県生まれ。30年上智大学大学院西洋文化研究科修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。平成13年から上智大学名誉教授。著書は専門書の他に『伊藤仁斎「童子問」に学ぶ』『日本の活力を取り戻す発想』『歴史の遺訓に学ぶ』など多数。最新刊に『渡部昇一一日一言』(いずれも致知出版社)。, 『致知』には毎号、あなたの人間力を高める記事が掲載されています。まだお読みでない方は、こちらからお申し込みください。, ※お気軽に1年購読 10,500円(1冊あたり875円/税・送料込み)※おトクな3年購読 28,500円(1冊あたり792円/税・送料込み), 12月1日 発行/ 1 月号, 日本軍1万 vs アメリカ軍5万——ペリリューの戦いを指揮した中川州男に学ぶ将のあり方. その結果、アメリカ軍の死傷者総数が、日本軍守備隊のそれを上回り、またm4 シャーマン中戦車やlvt等を多数撃破・擱坐させるといった「物的損害を与えること」にも成功し、「勝者なき戦い」と評価された。 訣別の電文 またアメリカ海兵隊の公式活動報告書でも「(日本兵は)よく訓練され、統制もとれた陸軍兵士で、特に士気の高さと、身体能力の高さは特筆すべきである」とか「日本軍の兵士は常に頑強で機知にとんだ戦法で戦い、絶対に降伏しなかった」等、その能力を高く評価している。 日本への原子爆弾投下(にほんへのげんしばくだんとうか)は、第二次世界大戦の末期に当たる1945年8月に、アメリカ軍が日本に投下した二発の原子爆弾による空爆である。 人類史上初、なおかつ世界で唯一核兵器が実戦使用された例である。 太平洋戦争中、日本軍はニューブリテン島を占領し、岬付近に戦前からあった飛行場を使用するとともに、原住民を使って新たにもう1つ飛行場を建設した。1943年12月26日、カートホイール作戦の一環として、米第1海兵師団が岬付近に上陸した。 アメリカの戦史家や軍事研究家に評価された、というのなら牛島満将軍や田中頼三提督らがいますが。 山口多聞提督でしょうか? 山本五十六を直接狙って攻撃する作戦をアメリカ軍が検討した際に、 「日本には山本以上の優秀な提督はいない。 「日本軍の占領は残虐なものであった。しかし日本軍の緒戦の勝利により、欧米のアジア支配は粉砕され、アジア人は、自分たちも欧米人に負けないという自信を持った。日本の敗戦後15年以内に、アジアの植民地は、すべて解放された」(「諸君! 終戦後の朝鮮半島で頻発したテロと暴動。日本軍撤退直後の朝鮮半島は平和とはとても言えない内乱状態にあった。評論家の江崎道朗氏が知られざる歴史を紐解く。 戦時中の日本軍の世界的評価はどうだったのでしょうか?結論からいうと、「頑張ったけど、そんなもんだった」だと思います。まず、当時は人種差別が「常識」であったことを前提にする必要があります。白人種がもっとも優秀で、黒人種、黄 細谷)マスクに関しても、最初はマスクは効果がないとwhoをはじめ、アメリカやイギリス政府も言っていました。 Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 日本の対応が評価され始めている~100年前から日本の公衆衛生のレベルは高かった. 『日本人と日本兵』(講談社現代新書)著者の一ノ瀬俊也氏に、敵であるアメリカ軍の目に映った 日本兵の赤裸々な姿について話を聞いた。 当時のヨーロッパにおける陸戦はまず航空部隊が敵の正面から後方まで爆撃し、続いて戦車部隊が前面に出て 評価した一方、高級士官たちの能力に対する疑問を回想録で書いている。ビルマで戦った 英軍将校の中には 「日本軍は もっとも頭の良い人を軍曹にし、もっとも悪い人を高級指揮官にした のではあるまいか」 と皮肉った人もいる。 昭和18年、大日本帝国陸軍に正式採用された三式戦闘機、通称「飛燕」。 この戦闘機はドイツのダイムラーベンツ社のエンジンを使用して制作され、およそ3000機が製造されました。 液冷のエンジンで構造が複雑だったこともあり、整備も難しく、故障も多かったそうです。 とはいえ、エンジンの調子が良ければ、P-51ムスタングなどの当時最強と言われた戦闘機とも渡り合える実力があったと言われています。 戦争末期には、エンジンを空冷式に乗せ換えた 五式と呼ばれる後継機が製造されまし … アメリカの工業力もそうだが、情報分析面においても大きな差があった。ナチスのエニグマ解読の話は有名で映画にもなっているが、日本帝国軍が大敗したミッドウェー海戦を予測するのに成功したJN-25b暗号解読の話はあまり知られていない。 日本軍の善戦を評価して、アメリカ軍が「勝者なき戦い」と呼ぶ硫黄島の戦い。本書は、なかば伝説と化しつつあるこの戦いを生き残った、元海軍中尉の証言をまとめたものです。 硫黄島の戦いはけっして大昔の出来事ではありません。 アメリカ軍は日本の連合艦隊を待ち受けていた。彼らは日本の4空母のせん滅をただ一つの目標にしていた。そして日本はたった一日で空母4隻「赤城」「加賀」「蒼龍」「飛龍」を失い、歴戦の戦闘機約300機近くも失う。 日本国憲法のもとで日本国は国防軍を持てないからです。通常の独立国家では国防軍が存在する。日米安全保障条約により、日本の自衛隊は防御用装備しかなく、防御力だけに特化している。攻撃力は米軍の役割となっている。日本は盾であり、米国は矛である。 B-29の損失数は資料によって異なり、日本の戦後の統計では損失合計714機(延べ数での出撃した全数は33,000機)で、延べ出撃数に対する損失率は2.2%程度という読売の資料がある。 アメリカ軍による第二次世界大戦でのB-29損失の統計も資料によって異なるので列挙する。 米国戦略爆撃調査団(USSBS)による統計 B-29所属部隊の戦績と損失(アメリカ空軍 第9爆撃航空団統計) 第20空軍の航空機種類、損失原因別の戦闘任務での損失(アメリカ陸軍航空軍統計管理室による統計-Table 165) アメリカ陸軍 … しかし、日本陸軍の陣地構築技術も優れており この攻撃に耐えきることができました。 そして、アウンガウルでも激しい射撃と空爆の後、 最新鋭の兵器を携えた2万を超える精鋭アメリカ軍が上陸してきたのです。 迎え撃つ日本軍は1,250人。 それではこの当時、日本軍の戦闘力とアメリカ軍の戦闘力との比較はどうであったろうか? それはキャント氏もいうように日米両軍の重爆撃機より銃剣に至るまで各種類、各性能について比較し、かつ評価するのが最も便利であらう。 日本軍1万vsアメリカ軍5万 2015(平成27)年4月、天皇皇后両陛下が大東亜戦争の激戦地の一つ、パラオ共和国のペリリュー島を訪れ、英霊たちを慰められたことは記憶に新しいと思います。 圧倒的な戦力差があったにもかかわらず、洞窟陣地を利用した粘り強い防御戦闘と反斜面陣地などの巧みな陣地形成で苦戦を強いられたアメリカ軍は、この日本軍の防御戦闘を「歩兵戦闘の極み」と評した。「沖縄作戦の主な戦訓」と題されたアメリカ軍の秘密報告書においては「この戦いはアメリカ軍にとって史上最大の激戦のひとつになった」とも評された。, アメリカ陸軍省戦史局編集の公式報告書「OKINAWA: THE LAST BATTLE」での総括は「沖縄で支払った代償は高価なものであった。アメリカ軍の死傷者の最終的な対価は、日本軍に対するどの方面作戦で経験したものよりも高かった」「勝利の高い代償は、予想以上の強力な戦力を持って巧みに先導された日本陸軍と戦ったこと、厳重かつ巧妙に要塞化された難しい地形を越えたこと、故国を何千kmも離れて戦った事実によるものだった」「作戦は予想していたより遙かに長引いた」など、苦しい戦いであった事を指摘した上で「だが、アメリカ軍は、希望するどんな土地も最後には日本軍から奪うことができることを沖縄で示した」と激戦を勝ち抜いた自信も示している。, またアメリカ海兵隊の公式活動報告書でも「(日本兵は)よく訓練され、統制もとれた陸軍兵士で、特に士気の高さと、身体能力の高さは特筆すべきである」とか「日本軍の兵士は常に頑強で機知にとんだ戦法で戦い、絶対に降伏しなかった」等、その能力を高く評価している。, シュガーローフの戦いで名誉勲章を受賞し、のちに在沖縄アメリカ軍司令官となったジェイムズ・L・デイ少将は、自分の経験から「日本軍の将兵は素晴らしい男たちであった。航空部隊による直接の支援もなければ、海軍部隊による支援もなく、事実上何の支援も受けられない状態で戦うには、非常に柔軟かつ巧妙な戦闘指導が要求される」と日本軍将兵及び前線指揮官の優秀さを評価している。, 前線のアメリカ軍兵士も、当初は人種差別と憎しみから「日本兵は、がに股で飛び跳ねながら猿のように金切り声を上げたり、豚のように鳴いたりする奴らと思っていた」という偏見を持つ兵士も多かったが、シュガーローフなどの激戦を経て「日本兵は極めて統率のとれた集団だ」とか「日本兵は実際に見ると落ち着き払っており、アメリカ軍海兵隊員と同じ顔つきだった」という印象に変わっていき、更に日本兵への畏敬の念が行き過ぎて「日本兵を大したことがない、なんて抜かす奴がいたら俺が撃ち殺してやる」と新兵を怒鳴り散らす小隊長もいたという。, アメリカ海軍は特別攻撃隊に沖縄戦中終始苦しめられ、アメリカ海軍史上最悪の損害を被ることになったが、太平洋艦隊司令長官のニミッツ大将は、「沖縄作戦は攻撃側にとってもまことに高価なものだった。約13,000名のアメリカ兵が戦死したが、その内3,400名が海兵隊で4,000名が海軍だった。艦隊における死傷者の大部分は日本機、主として特攻機により生じたものである」と回顧しているまた「日本軍が準備された防御陣地に布陣し補給が受けられる所では、我がアメリカ軍の最優秀部隊が、従来になかった強力な航空支援・艦砲射撃・砲兵支援のもとに攻撃しても、遅々たる前進しかできないような強力な戦闘力を発揮する事が沖縄の実戦で証明された。日本軍はまとまった人数で降伏したことはなく、わが軍が膨大な死傷者を出すことなく日本軍部隊を撃破する事は不可能である」と沖縄守備隊が非常に頑強であったとアーネスト・キング海軍作戦部長に報告している。, 歴史家ジョージ・ファイファーは、アメリカ側の沖縄戦書籍としては、最も詳細なものの一つとなる著書Tennozan: The Battle of Okinawa and the Atomic Bombの中で「前年の夏にノルマンディを防御した一部のドイツ軍部隊は、極めて多い死傷者にも関わらず、持ち堪え、逆襲すら行って、連合軍指揮官に強い感銘を与えた。, しかし、ドイツ軍の兵器の多くは日本軍のものと違って、対抗する連合軍の兵器より優れていた。, 暗い見通しに関わらず、優れた戦術と忍耐で戦ったドイツ機甲師団も、沖縄で日本軍が示した離れ業には匹敵できなかった(中略)このような状況にくじけることなく、多くの死傷者が出ると言う悲劇にも耐える事ができたのが日本陸軍だけであったろう(中略)驚くべきことは、組織や軍紀が低下せず、これほど長く保持されていたことである」とノルマンディー上陸作戦のドイツ軍と沖縄戦の日本陸軍を対比し、日本陸軍が夥しい損失にも関わらず、最後まで組織的な戦闘を継続したことに驚嘆している。, 沖縄戦が終わると、大英帝国首相ウィンストン・チャーチルはハリー・S・トルーマン米大統領に向けて「この戦いは、軍事史の中で最も苛烈で名高いものであります。我々は貴方の全ての部隊とその指揮官に敬意を表します」と慰労と称賛の言葉を送っている。, 従軍記者として沖縄戦に従軍した経験を持つアメリカの軍事評論家ハンソン・ボールドウィンは沖縄戦を振り返って「その規模、その広がり、その苛烈さにおいて バトル・オブ・ブリテンすら影の薄いものとした。飛行機と飛行機、水上部隊と航空部隊の間で、これほど凄惨な、独特の死闘が行われた事は、後にも先にもない。これほど短期間の内に(アメリカ)海軍がかくも多くの艦艇を失ったことはなかったし、これほど狭い地域でかくも短期間内に、これほどアメリカ軍の将兵の血が流された事もない。おそらく3ヶ月の間に敵(日本軍)がこれほど大きな損害を被った事もかつてなかったであろう。(中略)陸戦としては、もっと大きい会戦もあったし、もっと長期に渡る航空戦もあったが、沖縄作戦は最大規模の統合作戦であり、海上、海中、陸上において仮借のない戦闘が継続されたのである。」と評し、「沖縄は人間の忍耐力と勇気の叙事詩であった。日本軍の攻撃は創意に満ち、決死的であった。これに対しアメリカ軍が防衛に成功し、沖縄攻略に成功したのは卓越した補給、作戦計画およびその断固たる実施によるものである。」と総括している。, 戦後の日本が沖縄戦で戦った日本軍をそう評価しているのが・・・それがなんとも悲しい・・・・・。. (4ページ目)2020年、戦後75年の夏を迎えた。戸髙一成氏(日本海軍史研究家)・大木毅氏(現代史家)の共著『帝国軍人公文書、私文書、オーラルヒストリーからみる』(角川新書)より、敗北に終わったレイテ島をめぐる決戦…

天体観測 ドラマ ネタバレ, 土曜ナイトドラマ 歴代 視聴率, 糸井嘉男 筋肉 画像, ロッキー4 動画 吹き替え, カナダ英語 発音 R, ジャパンダートダービー 2020 予想オッズ, スーツ ユーチューバー 嫌い, パワプロ2020 引き継ぎ やり方, 兵庫県トレセン 2020 U15, ダーツ テイクバック 浅い プロ,

Follow me!