修復時の夜警の様子 オランダのハールレムで働く画家の一族に生まれ、叔父のサロモン・ファン・ロイスダールは一世代前の画家たちの中でも最も才能のある風景画家です。, ロイスダールは、叔父の静香で控え目な画風を離れ、もっとドラマチックで華麗な絵を描くようになった。, ロイスダールは、生涯ののほとんどをアムステルダムで過ごし、エキゾチックな山岳風景を描きました。, アムステルダムで外科医をしていたとも言われていますが、確かなことはわかっていません。, ヤーコプ・ファン・ロイスダールは、イサーク・ファン・ロイスダールとその2人目の妻マイケン・コルネリアスの息子として、1628年または29年ころ、ハーレムで生まれました。, ヤーコプ・ファン・ロイスダールの幼いころの環境が、彼の画家になろうという決断をさせたことは間違いありません。, 第一に、彼は芸術家の一族で父親は額縁作りと画商をしていた二流の画家で、タピピスリーの下絵のデザインをしていました。, もっと重要なのは、叔父のサロモン・ファン・ロイスダールは、17世紀初めの最も豊かな才能をもつ風景画家の1人であり、ハーレムの画家ギルド聖ルカ組合の長老だった。, ヤーコプは生涯を通して叔父と近い関係を保ち、彼の初期の教育の多くはサロモンが与えたものと思われます。, さらに、ハーレムの町はオランダの風景画派の生まれた土地で、17世紀初頭以前には風景画はほとんど存在しませんでした。, 少数の画家が単独に風景を描いているだけで、彼らの多くはフランドルからの移住者だったようです。, しかし、ヤーコプが生まれる20年くらい前から、一群の優れた画家たちがオランダ独特の風景画を作り出し、これがたちまち成功をおさめたのです。, ヤーコプの叔父はこのグループの主要なメンバーで、ほかにエサイヤス・ファン・デ・フェルデやヤン・ファン・ホイエンといった画家もいました。, これらの3人の画家たちは、生涯のいずれかの時期にハールレムに住むか、またはここで仕事をしていた。, なので、ヤーコプは少年時代に当時の最も大きな影響力をもつ画家たちと接していることになります。, というのも、ホイエンは1634年、イサークの家で絵を描いたため、ハーレムのギルドから3ギルダーの罰金を科せられています。, 彼はハールレムに滞在していたものの、画家組合のメンバーではなかったので、この町で仕事をすることを禁じられていた。, ヤーコプ・ファン・ロイスダールの生涯について詳しいことはほとんどわかってなく、少年のころの教育がどのように行われたかははっきりしません。, 最初は叔父の教育を受けただろうと考えられますが、2人の画風は異なり日付けの入った最も古い作品は、18歳にしかならない1646年のものですが、未熟さのかけらも見られません。, 彼は画家組合のメンバーとしては異例の若さだったようですが、明らかに秀でた芸術的才能のため、特別に許可されたのです。, ロイスダールの生涯がよくわからないことに加えて、特にある1点がますます我々を混乱させます。, 画家で分筆家のアルノルト・ハウブラーケンは1721年に出版されたロイスダールの伝記のなかで、ロイスダールは若い時に医学の勉強を始め、「アムステルダムで何回か外科手術を行って、広く評判を得た」と述べているのです。, このような話は、ロイスダールの画家としての作品の多さ(700点に及ぶ)と折り合いをつけることが難しく、ハウブラーケンが同名の別の医師と混同している可能性もあります。, 対称を正確に描き表すことに、彼が興味を示していなかったことは確かで、この丘は想像上のものである。, しかし、ブラーケンの主張を裏付けるような事実はいくつか見られ、1720年にドルドヒトのオークションの販売カタログには、「きわめて独創的な滝のある風景画、ヤーコプ・ロイスダール医師画」という絵が記載されています。, また、ヤコブス・ロイスダールという名前がアムステルダムの医師名簿にあり、1676年(彼は40代後半)にフランス北西部のカーンの大学で医学の学位を受けたと記されている。, ロイスダールがカーンに行ったという証拠がほかにはいっさいないだけでなく、名簿のその名前はなぜか消されているのです!, ハールレムでの修行時代に、ロイスダールはきわめてよく旅をしていますが、それほど遠くまで出かけたことはありません。, 彼は明らかに絵になりそうな場所を好み、エグモント・アーん・ゼーの美しい教会の廃墟や、アウデルケルクのポルトガル系ユダヤ人の墓地などを訪れています。, 1650年代にはもっと大胆になり、ドイツとの国境に近いオランダ東部地方まで足を伸ばして、友人で協力者であるクラース・ベルヘムは、しばしばロイスダールの画中人物として登場している。, ロイスダールは1656年ころまでハールレムで暮らし、もっぱら仕事と家族のために身を捧げ、ごく若いときから父親に経済的な支援をしていたようです。(父親はいつもお金に困っていた), 1656年ころ、ロイスダールはアムステルダムに移り、残る生涯をずっとそこで過ごすことになります。, アムステルダムのプロテスタント教会の記録のなかにある1657年6月14日付けの文書には、ロイスダールの受洗の意志が記されています。, 最初、彼は市の中央広場ダムに近いジルベレ・トロンペットと呼ばれる家に住んでいました。, 10年後、ロイスダールのいとこのヤーコブ・サロモンもアムステルダムに引っ越してきます。, この時代の多くのオランダ人画家たちと同じように、ロイスダールも主として公開の市場で仕事をしていたに違いありません。, 確認されている唯一のパトロンは、裕福なアムステルダム市長、ゾイドポルスプルーク卿コルネリス・デ・フラーフだけでした。, 肖像画家とマス・デ・ケイセルと協力して、ロイスダールはスースト・デイクの別荘にやってきたデ・フラーフとその家族の絵を描いています。, これは、オーフェルエイセル地方シングラーフェンの荘園にあり、ロイスダールの弟子のホッペマもこれを描いている。, 水車をモチーフにしたロイスダールの作品の特徴は、泡立ち流れる水の描き方のみごとさにあり、彼がスカンディナビアの滝の絵を描くとき、この技巧はさらにドラマティックに使われる。, 遺書には自分のことを「病身であるが、身体的、精神的能力はもつ独身者」と書いています。, 実際には、ロイスダールはこの後さらに15年生き、そのあいだに、彼の独創的でインスピレーションにあふれた作品を何点か制作している。, 1670年ころ、彼はダムの南側にある、書籍・美術商ヒエロニムス・スウィールツはロイスダールのエッチングを多数刊行しています。, 1681年、ロイスダールのいとこが発狂して、ハールレムの救貧院に収容され、その年の終わりに死亡しました。, 彼らは同じ名前だっただけでなく、年もほとんど同じだったため、ロイスダール自身が貧困のうちに死んだと信じられていました。, ですが、ロイスダールは生涯の終わりまで、その作品によって十分な収入を得ていました。, 遺体はハールレムに運ばれ、壮大なゴシック建築のシント・バーフ聖堂に埋葬されました。, 1807年、フランスの画家であり批評家のジャン・ジョセフ・タヤソンはロイスダールについて書いています。, 「同国のほかの画家には、彼が描き出すほど人の心を動かす詩情を見いだすことはできないだろう」, ゲーテもロイスダールの絵にこれと同じ叙情性を認め、「詩人としてのロイスダール」というエッセイを書きました。, 1656年ころアムステルダムに移ったのち、1660年代を通してこれらの絵を描いた。, ロイスダールのカンディナビアの風景画のなかには、素朴な流涼としたものもあるが、ここには泡立つ水にもかかわらず、静かな雰囲気が感じられる。, ロイスダールの風景画がこれほど独特で忘れがたいのは、この叙情性にあり、現実のものであれ想像上のものであれ、ただ単に特定場所を描いたというだけのものではありません。, ロイスダールは特定の、天候や光線の条件下にある風景が醸し出す雰囲気をとらえ、一種のムードを作り出しています。, ロイスダールより前の世代のオランダの画家たちは、自分のまわりの土地を正確に描くことに一生懸命でした。, 新しい共和国で生まれた国民の誇りにインスピレーションを得た、エサイアス・ファン・デ・フェルデやヤン・ファン・ホイエンなどの画家は、故国特有の風の特徴に注意を向けました。, ロイスダールは画歴の終わり近くになってパノラマ風の眺望に興味をもつようになり、これと同じ主題で数点絵を描いた。, 亜麻布の漂白はハールレムの繁栄の基盤となった産業の1つであり、したがってこの絵はロイスダールの市民としての誇りの表現と見ることができる。, 彼らの風景画は必ずしも特定の場所を描いたものではなく、野外で描かれることもほとんどなかったが、彼らの目的は、オランダの田舎の典型的な特徴を再現することでした。, このため、彼らの風景画は本質的にもの静かで、ドラマチックなところに欠けていました。, ロイスダールは先人の画家たちの伝統をドラマチックに打ち破り、ごく初期の作品ですら、叔父のサロモン・ファン・ロイスダールの影響はほとんど受けていません。, ロイスダールは何よりもまず、さまざまな主題を描き、まったく新しいタイプの主題を取り上げることも多く、先人たちと同様、ロイスダールも砂漠や海岸の風景など、この土地の典型的な風景を描き、同時に丘や岩の斜面、泡立つ滝など、オランダ人が身近に見る風景とは関係ないものを描いています。, 彼の風景画はつねに観察にもとづいたものではあったのですが、実際に見た風景の特徴をアレンジし直して、さまざまな構図を次々に作り出しています。, なによりも重要なのは、ロイスダールが風景のなかの絵画的な要素を意図的に強調したことです。, 色彩豊かな華やかな光線の効果、構図中に強いアクセントを置くことによって、なんの変哲もない平凡な風景を誇張し、ドラマチックなものにすることができました。, ロイスダールをきわめて高く評価したジョン・カンスタブルは、特に彼の作品のこの点を指摘しています。, 「主題はオランダの河口で、その風景の中に壮麗なものは何一つない。それにもかかわらず、嵐をはらんだ空、船の群れ、荒れる海あどがこの絵を、かつて描かれた絵のうちで最も印象深いものの一つとしているのだ」, 最も初期の絵は、主として砂漠風景、海岸風景、樹木の生えた小さな土地の風景など、前景や中景にある、特に何の変哲もないものに焦点が当てられています。, この絵はロイスダールが署名し、日付けを入れており、古い資料によると、かつては画中の人物を描いたロイスダールの友人のクラース・ベルヘムの署名を入っていたという(現在は見えない)。, この種の合作はオランダでは珍しくはなく、特に「点景」(細部にちょっとした活気を与える小さな人物)についてはよく行われた。, たとえば「オークの巨木」では、注意の集まる焦点となるのはごつごつした形の木で、一部に斑点のように日光が当たってハイライトになっています。, 岩の多いエキゾチックな風景や滝を描くようになったのもこの時期で、国境地方への旅などによってヒントを得たこうした作品は、最も人気の高いものでした。, ロイスダールの創造の才は、自分の目をひいた丘の高さや建物の大きさを誇張して描き、風景をドラマチックな美的雰囲気を絶えず強調しています。, ヴェストファーレン地方のベントハイム城の絵で特にそれが明らかで、12枚以上が現存しています。, 城が建っている丘は実際には低いにもかかわらず、ロイスダールはこれを大きな急傾斜の山として描き、それが雲の盛り上がった空とともに、この城にほとんどおとぎ話のような外観を与えている。, ロイスダールは地形的正確さに大きな関心はなく、自分の見たものを創作のための基礎として用いています。, 丘と森の連なる景観は、ハールレム周辺の平らな田園地帯に比べて、心の高鳴りを感じさせる変化だったに違いない。, 1660年代から1670年代の初めにかけて、ロイスダールは「城と廃墟と教会のあるひろがりのある風景」やハールレムと漂白場を描いたさまざまな風景のような、大型のパノラマ風の眺望を描いてさらにレパートリーを広げていきます。, ロイスダールは必ず高い視点を用い、シルエットになった教会の塔、きらめく水面、明るい光のあたる麦畑といった、構図上の強いアクセントを加えて、これからの平坦な土地の広がりに活気を添えました。, また、大きく広がる雲行きのあやしい空を入れて、風景に広々とした感じを与えています。, これらはハールレムの風景と呼ばれることもあるが、それは正しくなく、この風景はおそらくは主として想像によりものである。, ナショナル・ギャラリーにはこの絵の小型バージョンがあり、ロイスダールの習作と思われる。, ロイスダールの風景画の叙情性は、主として繊細な光と影の使い方からくるものでしょう。, 彼は、光や天候条件を正確に観察し、すべての作品に今までにないような輝きを与えている。, 対照的な光と影の使い方は、ときとともにますますドラマティックなものになっていき、壮麗な「日光の照射」のような作品でその頂点に達します。, この想像の風景は、古くからロイスダールの最も有名な作品の1つであり、19世紀の初め以来フランス語の題名(Le Coup de Soleil)で呼ばれている。, 日光が雲を突き抜けて射し、平らな河谷にアクセントをつけ、ドラマティックな感じを与えているのに役立っている。, 「風が吹き荒れることがなく、慌ただしく流れる大きな雲が、森の陰をも射し通す日光をほとんどさえぎってしまう、彼の祖国や我が国に特有のあの荘厳な日々をロイスダールは喜び、また、我々の目に喜ばしいものとした」, ロイスダールは風景画に独特の雰囲気を作り出すことに関心をもち、空と雲を描くことでこれを成し遂げました。, 雲のない空は描いたことがなく、幅広い表現をし、特に得意としたのは暗い、のしかかるような空で、迫りくる嵐を描いてことが多い。, ロイスダールとしてはめずらしく、この絵は明らかに寓意的な意味を持ち、壊れた墓、教会の廃墟、枯れた木などはヴェニスタ(地上の営為のはかなさ)をほのめかす、彼独自のやり方で、この観念をシンボルによってのみでなく、暗い空、抑制された色調、密に茂った木の葉などがこの絵に荘厳な重苦しい気分を与えています。, 同時にロイスダールは、よく知られた希望のシンボルである虹も描き込んでいる。 このバージョンは3点あり、下の絵は、嵐が過ぎ去ったような明るい光が差し込んでいます。, ロイスダールのダイナミックな風景画は、後のイギリス絵画に大きな影響を与えるほどの物でした。, かつてない自然のドラマは、フランス人風景画家クロード・ロランと違う魅力を持っています。, オランダの気候による、大きな雲の風景は大地の広がりとパノラマ風景をさらに広く、天から見た地上は小さな世界にも見えます。, 2018年から画家を目指す人のための独学方法を語り、これからの画家育成を目指して活動する、画家テソンのブログ世界にようこそ!!, 世界名画の楽しい鑑賞法や画家目線で思うことを紹介、また巨匠の生涯とエピソード、名画の説明から、さまざまなお話をしていきます。, 「誰でも好きな絵が描けるようになる」を目標にこれから画家になりたい若者から、今から過去の夢を実現を目指す人、アートの知識が欲しい人のための、基本からプロのテクニックまで幅広くいろいろ書いていきたいと思います。, 初心者からの「独学で画家を目指す人」、「アート好き」や「コレクター」になりたい人のためのブログです。. ¥ 2,500. ハーグ市立美術館(デン・ハーグ). アリ・シェフェール. レンブラントはバロック期を代表するオランダの画家です。光と影の使い方が独特で強い光なのですが、どこかフワッとした質感の空間を感じます。 この夜警という絵は現在アムステルダム国立美術館が所蔵しています。 ニスの劣化で黒ずんで見えますが、じつはこの絵は昼の情景を描いたも� オランダの画家. オランダ限定!van abbe museumトートバッグ!ミュージアムグッズ . ヤーコプ・ファン・ロイスダールは、イサーク・ファン・ロイスダールとその2人目の妻マイケン・コルネリアスの息子として、1628年または29年ころ、ハーレムで生まれました。 誕生の記録はありませんが、1661年の法文書の中で年齢が32歳と書いています。 ヤーコプ・ファン・ロイスダールの幼いころ … オランダと聞くと、チューリップや風車を思い浮かべる方も多いかと思います。でもオランダの魅力は他にもたくさん!実はオランダは多くの有名画家の出身地でもあり、日本を含め世界中にファンを持つ数々の著名な画家が生み出した作品がたくさんあります。 ¥ 7,800. メインデルト・ホッベマ. オランダの美術館[…]. アドリアーン・ブラウエル. 頑張ってブログ更新していますので、「友達はスフィンクス」をよろしくお願いします。. 2019年、オランダはレンブラント没後350年という記念の年を迎えます。オランダの黄金時代、17世紀に活躍した巨匠レンブラントは、オランダ人が最も愛する画家と言われています。その最高傑作「夜警」(アムステルダム国立美術館 […] オランダ限定!現代美術家『キース・ヘリング』ポスター!画家アート美術f. ピエト・モンドリアン. 年間120万人が訪れるゴッホ美術館、時代を経て尚、人々に愛され続ける画家ゴッホの魅力を、オランダ在住の現役アーティストがご紹介!専門知識を軸に、堅苦しくなりがちなアートのお話を、教科書には載っていない小話なども織り交ぜ、わかりやすく解説します! マウリッツ・ … アールト・デ・ヘルデル. […], また、アムステルダムにレンブラントの家といって、レンブラントが住んだ家がミュージアムとして一般公開されています。生きているうちから天才と称され、評価されたレンブラントですが、最終的には破産してしまいます。アムステルダムで当時住んでいた家を、破産時のリストを元に家具などレンブラントが住んでいた当時の様子がほぼ再現されているのが「レンブラントの家」です。 レンブラント直筆のエッチングのコレクションが多数あるので、レンブラントファンはこれを見るためにここに行くのもおすすめです。, Museum Het Rembrandthuisレンブラントハイス美術館(レンブラントハウス) オランダのレンブラント、フェルメール、フランスのルーベンス、ラ・トゥール、スペインのベラスケスなど、バロック絵画を代表する画家のほとんどに影響を与え、イタリアの誇る天才画家あるいは西洋絵画の巨匠などと称されています[1][2]。 見どこ[…], フランス・ハルスは、17世紀のオランダで活躍した、オランダ黄金時代を代表する画家です。 オランダのハールレムで活躍し、ハールレムにフランス・ハルス美術館があります。, フランス・ハルスの作品を中心に見るなら、彼が活躍した街で、フランス・ハルス美術館があるハールレムまで足をのばしたいところです。, フランス・ハルス美術館には、フランスハルスの代表作、ハールレムの聖ゲオルギウス市民隊幹部の宴会が所蔵されていて、足を運んだ際展示を見る事ができました。その他にも、フランス・ハルスの作品を多く所蔵している美術館ですので、フランス・ハルスの作品やオランダ黄金時代の画家の作品を鑑賞したい場合にはおすすめの美術館です。アムステルダム国立美術館ほど、混んでいなくてゆっくり作品を鑑賞できるのもまた良い点でした。, フランス・ハルス (FransHals) のミュージアム「フランスハルス美術館」は、オランダのハーレム(ハールレム)にあり、フランスハルスの作品を多く所蔵している美術館です。見どころなど実際に訪れて分かった情報を掲載しています。 オランダの天才・有名画家のうち、日本でも有名なオランダの画家レンブラント、ゴッホ、フェルメール、モンドリアン、エッシャー、フランス・ハルスの有名作品、代表作を所蔵しているオランダの美術館を紹介しています。, 光の魔術師、光と影の画家と言われる、レンブラント・ファン・レイン。オランダに生まれたオランダの有名画家です。オランダの有名画家は、ゴッホやフェルメールなど後世評価された画家も少なくない中、レンブラントは生きているうちから天才と呼ばれ評価された画家です。レンブラント作品を堪能するなら以下の3つの美術館がおすすめです。, アムステルダム国立美術館には、レンブラントの代表作、名画「夜警」が飾られています。これはオランダで必ず見たい作品ですね。ただ、2020年は修復が行われていますので、ガラス越しでしか夜警を見る事ができません。修復の様子はそれはそれで、貴重な光景ではあります。, アムステルダム国立美術館に展示されるレンブラントの代表作「夜警」が2019年7月より修復期間に入っています。修復はいつまでかかるのでしょうか。2019年11月と2020年9月の状況を掲載しています。 ピーテル・デ・ホーホ. 現在は、独学で絵を学ぶ人と、絵画コレクター、絵画と芸術を愛する人のためのブログを書いています。 ©Copyright2021 友達はスフィンクス.All Rights Reserved. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ※記事の情報は取材時のものです。(免責事項) ANGプロジェクトが運営し、美術振興のため現代日本の画家を紹介するホームページです。画家の方は下部右手にある掲載案内から登録できます。又はE-mailからご連絡下さい。 ハーグ市立美術館には、the Victory Boogie Woogieなどの作品が飾られています。. 19世紀末から20世紀のオランダ出身の画家です。. オランダ限定!現代美術家『アンディ・ウォーホル』個展ポスター!アート芸術. 【1】アムステルダム国立美術館(ライクスミュージアム)[…], オランダで美術館巡りをしたい人向けに、コツを掲載しています。私も美術館が大好きで、オランダでも様々な美術館へ行きました。実際にオランダの美術館へ行った中で、気づいた事、注意した事などを中心に掲載しています。, オランダで美術館巡りをしたい人向けに、コツを掲載しています。私も美術館が大好きで、オランダでも様々な美術館へ行きました。実際にオランダの美術館へ行った中で、気づいた事、注意した事などを中心に掲載しています。 赤青黄、3色の原色が印象的な画家、ピエト・モンドリアン。. 現代で最も知られているオランダ黄金時代の画家は、その時代の最も傑出した人物であったレンブラントや、デルフトの巨匠ヨハネス・フェルメール、革新的な風景画家ヤーコプ・ファン・ロイスダール、肖像画に生活を捧げたフランス・ハルスである。 ということで、旅のおともとして持ち歩けるよう、先史時代~現代までを通史と年表をまとめたものが以下になります。 オランダの歴史 ※おおよその位置を示す目的で現在の国名を用いる場合には、国名の前に「現」と付しています。また、現在のオランダ・ベルギー・ルクセンブルクが位置� 作者 レンブラント・ファン・レイン 制作年 1642年 所蔵 アムステルダム国立美術館 解説 レンブラントはオランダを代表するバロック画家です。 レンブラントは「光と影」を操る画家であり、一部分にスポットライトを当てたような表現には臨場感がありまさにバロックの真骨頂であると言えます。 「夜警」は1642年に完成した火縄銃手組合の市民自警団の絵画で、アムステルダムの国立美術館に展示されています。オランダではこ … 美術コレクターも注目し、これからのアートシーンでの活躍が期待される若手画家たち。すでに人気の憧れの画家から、次世代を担う注目の若手画家まで、アートファンはもちろん、「美術がわからない」という人も思わず惹かれてしまう、あらゆるジャンルの若手画家を8人紹介します。 アムステルダム市立美術館(アムステルダム). 日本でも人気が高いオランダの画家、フェルメールを現役アーティストがご紹介!「光の画家」と呼ばれる彼の作品の紹介はもちろん、彼が生きたオランダの黄金時代や、生涯を過ごしたデルフトの街についても詳しく分かりやすく説明する座学タイプのオンライン講座です。 この時代に活躍した画家たちの中には、「光の画家」として知られるデルフト出身のヨハネス・フェルメール (1632-1675)やアムステルダムで名声を手にし、独特な発想、技法と構図で人気を得たレンブラント・ファン・レイン (1606-1669)など、今日私たちがよく耳にする名があります。. オランダ限定!現代美術家『キース・ヘリング』ポスター!画家アート美術c アート写真家『キース・ヘリング Keith Haring』のポスターです。 オランダのMoco museum (Modern Contemporary Museum Amsterdam) で限定販売されていた物で、既に販売終了し入手難しいと思います。 タイトルは『Dog DJ オランダ・ベルギー旅行・ツアー・観光の芸術を楽しむなら、クラブツーリズムにおまかせ!添乗員付きのツアーだから安心で快適です。アムステルダム、ブリュッセル、世界遺産キンデルダイクなどの観光地や、おすすめのオランダ・ベルギーツアーをご紹介。 […], アムステルダム国立美術館にもフランス・ハルスの作品「 陽気な酒飲み」が所蔵されています。, マウリッツハイス美術館には、 笑う少年が所蔵されています。フェルメールの作品所蔵が有名な美術館ですが、レンブラントやフランス・ハルスの作品も所蔵していますので、時間があれば足をのばしたい美術館です。, 以上、オランダの天才・有名画家と有名作品の所蔵美術館でした。日本だと、ゴッホ展、フェルメール展など行列が必須の画家が多いのではないでしょうか。また、門外不出の作品もありオランダででしか見られない画家の作品もあります。日本ではかなり混雑しながら見なくてはならない名画も、オランダではゆったりとみることが出来ます。オランダは本当に名画の宝庫です。それぞれの天才画家、有名画家の作品が堪能できる美術館へ是非足を運んでみて下さい。, ここで紹介した美術館以外にも、オランダには多くの美術館があります。旅行の期間では周りきれない多くの美術館がありますが、オランダの中でもおすすめの美術館を厳選してまとめています。, オランダのおすすめ美術館を掲載しています。オランダには沢山の美術館があり、有名画家の名画を所蔵している美術館も多くあります。その中でもおすすめの美術館を厳選しています。 ¥ 8,800. 今年(2016年)の4月上旬、アムステルダムのミュージアム・プレイン(美術館区域)に新しい現代アート美術館「Moco」(Modern Contemporary Museum Amsterdam)がオープンしました。場所は、アムステルダム国立美術館とゴッホ美術館の中間。バンクシーとウォーホールの展覧会でオープニングを飾 … 写実絵画を専門に収集しているホキ美術館にて、『spark−あの時君は若かった』(2018年5月24日〜11月18日)が開幕した。本展は、現在活躍中の写実画家たちが若い頃に描いた作品を中心に、写実絵画へ進むきっかけとなった作品や、近年発表した作品を通して作風の変化をたどるもの。 モンドリアン好きなら足をのばしたい美術館です。. ヨハン・ヨンキント. ※写真、本文の無断掲載・使用を禁止します。. アムステルダムにあるレンブラントの家について掲載しています。チケットや入場料、所要時間など。アムステルダムの人気観光地です。 […], フェルメールの作品所蔵が有名なマウリッツハウス美術館にも、レンブラントの作品の展示があります。自画像、テュルプ博士の解剖学講義など見どころある作品を所蔵していますので、デンハーグという少し離れた街にあるのですが、時間があれば足をのばしたい美術館です。, オランダ デン・ハーグにあるマウリッツハイス美術館(マウリッツハウス美術館) は、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」「デルフトの眺望」など門外不出のフェルメール作品やルーベンスなどの展示がある美術館です。見どころやチケット購入方法、定[…], がおすすめです。今でこそ、有名画家と称され、ゴッホの作品を所蔵している美術館はオランダの人気観光スポットになっている美術館が多いですが、生涯不遇の時代の作品はなぜここまで私たちを惹きつけるのか、世界中からゴッホの作品を鑑賞するために、オランダの美術館まで足を運ぶ人も少なくありません。, ゴッホ美術館はその名の通り、ゴッホ作品を中心とした美術館で「ひまわり」「花咲くアーモンドの木の枝」などの作品が所蔵されています。ゴッホの作品を見たいなら、ゴッホ美術館は欠かせません。事前の時間予約が必要なので、ゴッホ美術館へ行きたい場合は予約を忘れずに, クレラー・ミュラー美術館はスキポール空港から遠く、足をのばしづらいのが難点です。ですが、ゴッホ美術館の次に多く、ゴッホ作品を所蔵している美術館で「夜のカフェテラス」「アルルの跳ね橋」などの作品が所蔵されています。ゴッホを中心にオランダ旅行を考えるなら足を運びたい美術館になります。, ゴッホ美術館の後、アムステルダムで足をのばすならアムステルダム国立美術館にもゴッホ自画像の展示があるのでおすすめです。同じミュージアム広場にあるので、併せて観光しやすいです。アムステルダム国立美術館にはゴッホ作品は少ないのですが、レンブランドやフランス・ハルスなどオランダ黄金時代の画家の作品などが多く展示されている、オランダを代表する美術館です。, モンマルトルの家庭菜園の展示がありました。現代アート展示中心の美術館ですが、少ないですが、ゴッホや、モンドリアン、ピカソの展示などもありました。こちらも同じミュージアム広場にあるので、併せて観光しやすいです。, フェルメール(ヨハネス・フェルメール)を楽しむなら、マウリッツハイス美術館が欠かせません。マウリッツハウス美術館には、「真珠の耳飾りの少女」「デルフトの眺望」が展示されていますので、これは見逃せませんね。, アムステルダム国立美術館にも「牛乳を注ぐ女」などの展示があります。他の作品展示も素晴らしい美術館です。とても広い美術館なので、時間がない場合は「名誉の間」だけでも足を運びたい美術館です。, 時間があればフェルメールの故郷、デルフトにも足をのばせると最高なのですが、フェルメールの作品を見るのであれば、この2つの美術館がおすすめです。, 赤青黄、3色の原色が印象的な画家、ピエト・モンドリアン。19世紀末から20世紀のオランダ出身の画家です。, ハーグ市立美術館には、the Victory Boogie Woogieなどの作品が飾られています。モンドリアン好きなら足をのばしたい美術館です。また、アーメルスフォールトにモンドリアンの家というのがありますが、作品が展示されているというよりは、モンドリアンの空間を楽しみに行くような場所になります。絵ではなく、モンドリアンが好きだという人は足をのばすのもよさそうです。, ハーグまで足をのばす時間がないという場合は、アムステルダム市立美術館でも作品の鑑賞が可能です。モンドリアンの他にも、デ・ステイルの作品が展示されています。, マウリッツ・エッシャーはだまし絵で有名なオランダの画家です。エッシャー作品を堪能するなら, エッシャー作品を堪能するなら、Escher in Het Paleis(エッシャー美術館)がオススメです。以前王室が所有していた宮殿を利用した美術館なので、建物も必見です。エッシャーのだまし絵を体感、体験できるようなスペースもありました。絵を堪能するだけでなく、内装やだまし絵体験も楽しめる、面白い美術館でした。, オランダのハーグにあるエッシャー美術館(Escher in Het Paleis エッシャー・イン・ヘット・パレス)の入場料や、行き方、予約などについて、実際に2019年に行った時の様子や見どころを掲載しています。 ヤン・ファン・スコーレル. オランダの画家といえば、前述したようにフェルメール、レンブラント、ゴッホの名前が浮かび上がる。 が、他にもたくさん優れた画家がいるのだ。彼らが生きていた時代にも、そして現代にも。 厳選された現代アート画家を300ユーロからご用意しています。定評のあるアーティストの作品をオンラインギャラリーでお求めいただけます。 送料無料 安心のオンライン決済 返品無料 ここで紹介する画家は、自分の工房を株式会社化したり、自分の作品を何億円もの高値で販売したりと、芸術活動をマネタイズするのに成功した美術家です。 それでは紹介します。 1位 デミアン・ハースト. 20世紀オランダ美術の愛好家でなければ、「デ・ステイル」のコンセプトは知らないでしょう。しかし、知らず知らずのうちに、デ・ステイルの原則をいくつも目にしているはずです。今ではデ・ステイルに親しみがある… ユーディット・ライステル…オランダ絵画の黄金時代を代表する女性画家の一人 ルイーズ・モワイヨン…バロック時代のフランスを代表する静物画家の一人 マリア・シビラ・メリアン…科学的な正確さと芸術的な美しさを融合した初の女性画家 ラケル・ライス…オランダの華麗な花の静物画を 画家活動をしています。西洋絵画を専門としていますが、東洋美術や歴史、文化が大好きです。

アルマジロ ペット ブログ, Nhk 地域スタッフ 辞めたい, 京王堀之内 バス 東京薬科大学, 日本代表 ユニフォーム 2018, きらく つくば 休業,

Follow me!