「ダークナイト ライジング」に関するTwitterユーザーの感想。満足度90%。総ツイート109,815件。昼間は大企業のトップを務め、夜はランボルギーニでパーティに繰り出し、美女たちと派手に騒いでは文句を言うホテルはその場で買ってしまう男、ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)。 ダークナイト ライジングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 ... が台無しになったりはしません。個人的には今作の終わり方は好みなので、それなりの評価に致します。 ダークナイト・ライジングの動画を無料視聴する方法とあらすじ・ネタバレ・評価まとめ lvlup 2020年4月9日 / 2020年4月24日 映画「ダークナイト ライジング」は2012年に公開されたバットマンシリーズの作品で、ダークナイト トリロジー3部作の最終章です。 映画『ダークナイト ライジング』でバットマンの終焉が伝説となる。 『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章です。 「ダークナイトトリロジー」最終章にして、最大の危機がゴッサムシティを襲います。 ダークナイト ライジング: ... 上述の通り、第81回アカデミー賞において2部門を受賞したが、観客・批評家双方からの評価が高かった本作が作品賞にノミネートされなかったことは大きな批判を集めた。 クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章。主演のクリスチャン・ベールに加え、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマンらお馴染みの豪華メンバーが再集結。, 新たなヒロイン、セリーナ役に『プラダを着た悪魔』(2006)などのアン・ハサウェイ、物語のカギを握る女性、ミリンダ役に「TAXi」シリーズのマリオン・コティヤールを起用しています。また、本作でベイン役 トム・ハーディ、ブレイク役 ジョセフ・ゴードン=レビットを務めた2人が『インセプション』(2010)に続きノーラン監督作品への出演で話題になりました。, 前作『ダークナイト』(2008)から8年が経ち、バットマンを必要としなくなったゴッサムシティに現れたベインにより、ゴッサムは再び混沌と化します。長き沈黙を破り再び立ち上がるバットマンは、ゴッサムに平穏をもたらすことができるのでしょうか?, デントの死後、制定した「デント法」により犯罪者は一掃され、ゴッサムは平和が守られていました。, デントの功績をたたえる式典でゴッサム市警本部長のゴードンは8年前の真実、デントの死の真相とバットマンの冤罪を晴らそうとしますが、混乱を恐れ公表しませんでした。, その頃、女泥棒のセリーナは公の場から姿を消したブルース・ウェイン=バットマンの屋敷に使用人を装い侵入します。, ブルースの部屋に忍び込み、指紋を盗み出そうとしたセリーナはブルースに見つかりました。ブルースはセリーナを捕まえようとしますが、逃げられてしまいます。, その頃、ゴッサム市警の新人警官、ブレイクは自身が育った孤児院の子供が下水道で死んでいたことを知らされました。, この時ブレイクはホームレスなど普通の仕事を得ることが難しい人々が、下水道で仕事をしていることを知ります。, しかし、待ち伏せていた何者かに襲撃されて部下は全滅し、ゴードンも捕まってしまいますが、水路に逃げ込み、重傷を負いながらも難を逃れます。, その時、式典で話すはずだったデントの死の真相を記した原稿を落とし、ゴードンを襲った謎の男がこれを手に入れます。, ゴードンが傷を負い、病院に運ばれたことを知ったブルースは再びバットマンとして立ち上がる決意をします。, ブルースは自身の会社、ウェイン産業の社長でバットマンとしての協力者でもあるフォックスを訪ねます。そして、フォックスの協力でゴードンを襲った犯人がベインであることを突き止めます。, また、フォックスが開発した都市専用ヘリコプター通称「バット」を気に入り持ち帰りました。, しかし、見返りに求めていた「クリーン・スレート」と呼ばれるプログラムを男たちは渡す気はなく、セリーナを殺そうとします。, それを見越していたセリーナは警察に通報しており、突入してきた警官と男たちの銃撃戦の混乱に乗じ逃げ出します。, ベインは部下とともに証券取引所を襲。駆け付けた警察が包囲しますが、人質を盾に逃走します。人質がいるため手が出せない警察の前にバットマンが現れます。, 翌日、ブルースは訪ねてきたフォックスから自分が無茶な株取引で破産したことを知ります。, 身に覚えのないブルースですが、セリーナが盗んだ指紋から、前日のベインによる証券取引所襲撃から2人を使い裏で糸を引いている人物がいることを感じます。, フォックスはウェイン産業役員のダゲットがブルースの破産後、筆頭株主になろうとしていることを話します。, 裏社会とのつながりが噂されるダゲットにかつて開発していた小型核融合炉を悪用されることを恐れたブルースは、役員のミランダが新会長に就任できるよう、フォックスに根回しさせます。, その頃、ダゲットのもとにセリーナが現れます。セリーナは自分にブルースの指紋を盗むように命じた黒幕、ダゲットからクリーン・スレートを受け取ろうとしていました。, しかし、セリーナは、侵入者に気が付いたデゲットの部下たちに追い詰められます。そこに助けに現れたのはバットマンでした。, 実はバットマンが犯罪者に悪用されないために管理していたクリーン・スレートを引き渡すことと引き換えにセリーナは協力します。, ブルースとフォックスはミランダに小型核融合炉を見せ、これを守るためウェイン産業の新たな会長になるよう頼みます。, こうして開かれた取締役会でブルースとフォックスの根回しもあり、ミランダは無事、会長に就任します。, セリーナの案内で下水道に設けられたベインのアジトに向かうバットマンは、ベインに挑みます。, しかし、ベイン圧倒的な強さに成す術もありません。最後には背骨を折られバットマンは敗北します。, この時、ベインは自分がラーズ・アル・グールの代わりに影の同盟を引き継ぎ、ゴッサムを破壊する使命を完遂しようとしていることを明かします。, ベインはバットマン=ブルースを国外にある“奈落”と呼ばれる場所に閉じ込めました。そして、ベインはフォックスとミランダは拘束し、下水道に向かいます。, ベインは下水道を通じ、小型核融合炉を保管していた場所へ向かいました。ベインはミランダとフォックスに融合炉を起動させると核爆弾に改造します。, そこで、大量のプラスチック爆弾と下水道の地図を見つけ、ベインが警察を誘導し、警官を生き埋めにしようとしていることに気が付きます。, また、同時にゴッサムに繋がるほとんど橋も爆破され、街は孤立します。唯一残された橋に軍が殺到しますが、ベインはある声明を出します。, ベインが持つ核爆弾の存在を明らかにし、ゴッサム市民が一人でも街の外に出るならばまた、軍が街に侵入するならば爆弾を起爆させるというものでした。, これにより、ゴッサム市民はデントが偽りの英雄であることを知ると同時にベインは偽りの上で成立したデント法が無効であるとし、刑務所に収監されていた犯罪者たちを解放します。, その様子をマスクを失ったバットマン、ブルースは奈落で一部始終を見せられていました。, 奈落では罪を犯した者たちが多く収監されており、その人々の力を借り、ブルースは傷を癒します。, その時、その場所が“奈落”と呼ばれる所以、地上へつながる高い壁は消して乗り越えられず、自由を渇望しながらもより深い絶望に陥ることを知ります。, ベインはバットマン=ブルースをあえて殺さず、一縷の希望を持たせ続け、ゴッサムが破壊されていく様を見せようとしていました。, 数週間経ち、傷が癒えたブルースは壁に挑みます。しかし、壁を超えることはできません。その時、同じく奈落にとらわれる男から、唯一壁を上った人物の話を聞かされます。, それはなんと、ラーズ・アル・グールの子供でした。ブルースはその人物がベインであると考えます。, その活動の中でベインが炉心を抜いていたため、融合炉が安定せず核爆弾がもうすぐ爆発することを知ります。, 死の恐怖を感じながら、心を強く持つことで壁を超えることができたブルースはゴッサムへ向かいます。, ゴッサムに戻ったブルースはセリーナに協力を求め、フォックスの居場所見つけ、拘束されていたフォックスを救出します。, ゴードンは核爆弾の場所を突き止めようとしていましたがベインの部下に捕まってしまいます。, 凍った河の上を歩かされ、いずれ河に落ちてしまうゴードンを助けたのはバットマンでした。, バットマンはゴードンに核爆弾の起爆スイッチの信号を遮断する装置を渡し去っていきます。, その頃、ブレイクは生き埋めになった警官を救出しようとしますが、ベインの部下に見つかってしまいます。, 殺されそうになるブレイクをバットマンが救出、生き埋めにされた警官の救出にも成功します。, バットマンはセリーナに高性能バイク、バット・ラングを託し、塞がれたトンネルを吹き飛ばすように頼みます。, 夜明けとともに警官隊はベインの部下と衝突、時を同じく、セリーナはトンネルを塞ぐガレキを爆破します。, ゴードンは核爆弾を運ぶトレーラーを見つけ、核爆弾を確保しようとします。また、ブレイクは市民の避難を急ぎます。, 激闘の末、ベインを倒すバットマンですが、背後から現れた何者かに脇腹を刺されてしまいます。その人物はミリンダでした。, ミリンダの本当の名は、タリア・アズ・グール、彼女こそがラーズの子供であり、影の同盟を引き継ぐものでした。, 驚くバットマンをしり目にタリアは核爆弾を爆破させようとスイッチを押しますが、ゴードンの活躍により爆発は起こりません。, 信号が遮断された事に気づいたタリアはトレーラーのもとへ向かいます。バットマンはベインににとどめを刺れそうになりますが、駆け付けたセリーナによって救われます。, バットマンはバットに乗り、タリアを追います。セリーナの協力もあり、トレーラーを停止させ、その際、タリアは死亡します。, バットマンはバットで核爆弾を街から遠ざけ自からの命と引き換えにゴッサムシティを守ります。, その後、バットマンが真のヒーローであると知ったゴッサム市民の手でバットマンを称える銅像が建てられます。, ブルースの死を知り、失意に暮れるアルフレッド(マイケル・ケイン)でしたが、訪れたフィレンツェのカフェでブルースとセリーナの姿を見かけます。, 本作『ダークナイト ライジング』は前作『ダークナイト』から8年の月日が経過しています。, 一つはゴッサムが“バットマン”という存在を必要としていなかったからではないでしょうか。, 前作『ダークナイト』の後、制定した「デント法」により、ゴッサムは刑務所に収監した犯罪者の仮出所を認めず、結果、犯罪は激減しています。, また、『ダークナイト』でバットマンはデント殺害の容疑を自ら被って、ジョーカーの思惑通りに事が進まないようにしました。, これでゴッサム市民はバットマンを“英雄”デントを殺した“犯罪者”と認識しているため、市民がバットマンを求めることはなくなりました。, 結果だけを言うならば、『ダークナイト』において、ブルースが思い描いた、“バットマン”による犯罪の抑止ではなく“法”によるい統治だったのかもしれません。, 前述のとおり、ゴッサムはバットマンを必要としていませんでしたが、本作において、ベインの出現により事態がゴッサム市警の手に負えなくなりつつあるときに、ブレイクの働きかけによりブルースは“沈黙”を破る決意をします。, ここで考えられるのがレイチェルの死後、ブルースは戦う意思を失っていたのではないかということです。, バットマンが必要されなかったとして、いつ、ベインのような存在が出現するか分からないわけですから、戦う意思があるのなら、常に戦いに備えており、すぐに対応できたはずです。, 仮にバットマンとして戦うことをやめたとしても、ブルース・ウェインとして、公の場に出続けたはずです。, このことから、レイチェルの死はブルース=バットマンの心に大きな影を落としていたことがわかります。, ブルースは本人の意思とはかかわらず、未だゴッサムシティに大きな影響を与える権力を持っており、セリーナにより盗まれたブルースの指紋は悪用されかねません。, それを防ぐため、ブルースは行動を開始します。この時点ではまだ、バットマンの“復活”に至っていませんが、一因になったのは明らかです。, バットマン“復活”の直接的な要因はベインによりゴッサムの平和が脅かされていたことにあります。, 前述のとおり、ブレイクによってもたらされた情報により、後にブルースはベインの存在を知り“復活”を決意します。, この点から、失意に暮れていたブルースの中には「ゴッサムのため戦いたい」という思いが燻っていたのかもしれません。, この“沈黙”と“復活”に至る心境は矛盾しているように感じられますが、本来、人間には相反する感情を内包しているものです。, 本作『ダークナイト ライジング』において、ブルース=バットマンの複雑な心境を描き、ヒーローも生身の人間であるということを表現しているように感じます。, アメリカンコミックにおいて王道のエンディングはヒーローの“死”とその意志の“継承”です。, 本作を含む三部作「ダークナイトトリロジー」の一作目『バットマン ビギンズ』においてブルースは影の同盟で修練に励む中で“恐怖”に打ち勝つ術を学びます。, それゆえに“死”すら恐れない強靭な精神力でバットマンとして戦ってきました。ですが本作において、ブルースは再び“恐怖”と対峙します。, 奈落で、囚人から言われた「死の恐怖を受け入れろ」という言葉に導かれ、脱出に成功し、“魂の強さ”を手に入れます。, この“魂の強さ”とは“死の恐怖”を感じ“生への渇望”を得て、より強い精神を手に入れることにあります。, これは幼少の頃、目の前で両親を殺されるきっかけを作ってしまったことに罪の意識を感じ、自らの命を軽んじていたからではないかと感じます。, また、ゴッサムのために戦ってきたバットマンですが、その理由の中に過去への贖罪の思いが強くあったのではないでしょうか。, このことから、“魂の強さ”を身に付けたバットマンは“過去の贖罪”ではなく“未来への希望”を胸に戦います。, 実際にブルースは生存していたわけですから、バットマンとして戦い続けることができたはずです。, 本作の最後の場面でブレイクがブルースからウェイン邸の地下設備、バット・ケイブを譲り受けます。, 彼の本名が「ロビン」であることが語られる場面でピンときた方も多くいたでしょうが、原作コミックスにおいてバットマンの相棒を務めるのが「ロビン」なのです。, こうしてブルースはゴッサムを守る役割、意志をブレイクに託した訳ですが、バットマンの意思を“継承”したのはブレイクだけではありません。, バットマンが持ち出した核爆弾が爆発する場面でその一部始終をを見ていた子供たちが映し出されますが、その様子が印象的でした。, 最後には命を顧みず、核爆弾を街から遠ざけたバッドマンの勇気ある行動は、子供達の瞳にもバットマンが成しえた“正義”として映っていたことでしょう。, 他の市民たちにもバットマンの“正義”は伝わっています。その証拠にバットマンの銅像を建て、その功績を称え他のではないでしょうか。, ブルースはバットマンが残した“正義”を宿した市民ならどんな困難にでも打ち勝てると考え、ゴッサムには自分が必要ないと感じたのではないでしょうか。, たとえ、ゴッサム市民だけで乗り越えられない困難が生じたとしても、新たな“バットマン”が現れるのではないかとも思っているはずです。, なぜなら、ブルース=バットマンは「“バットマン”はこの街の正義の象徴でしかない」と語っていたからです。, クリストファー・ノーラン版バットマン『ダークナイトトリロジー』は、本作をもって完結しました。, これまでの過去2作、『バットマン ビギンズ』、『ダークナイト』はそれぞれで一つの物語が紡がれていましたが、本作はこれまでの2作品自体が本作の伏線であったかのように濃密に絡み合っています。, 特にブルース=バットマンの心の葛藤において、乗り越えたはずの過去の出来事が再び心を苦しめる描写がたびたび見られました。, これには人が常に心のどこかで過去に囚われているということを表現しているように感じます。, ですが、作中でブルースは決して過去に屈することなく、未来への希望をもって何度も立ち上がりました。, これは何度、過去に囚われ、躓こうとも未来を信じて歩き出せるというメッセージが込められているように感じられました。, 不安定な世の中、先行きが見えない未来だからこそ、バットマンは希望を信じて立ち上がることを私たちに伝えたかったのかもしれません。, そして、バットマンは人の抱える“闇”と向き合い、未来のため、これからも戦い続けていく事でしょう。, Tags : アメリカ映画 / ワーナー・ブラザース映画 / クリストファー・ノーラン / 2012年, 映画『ポリスストーリーREBORN』ネタバレ感想レビュー。ジャッキー・チェン主演シリーズの紹介も, 40年以上にもわたってアクション映画界の第一線で活躍するスター、ジャッキー・チェンの主演映画『ポリス・ストーリー REBORN』。 1985年製作の『ポリス・ストーリー/香港国際警察』から連なる、「ポ …, Netflix映画『6アンダーグランド』あらすじネタバレと感想。マイケルベイとライアンレイノルズが描いた「カオスとジョーク」の融合!, Netflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』2019年12月13日(金)より独占配信開始。 ド迫力、ノンストップアクションで破壊しっぱなしの映画『6アンダーグランド』。 『デッドプール』のライ …, 南勝久による大人気マンガ『ザ・ファブル』を岡田准一主演で実写化した映画が、2019年6月21日に公開されます。 原作は2017年度講談社漫画賞一般部門受賞作。凄腕の伝説的殺し屋が、ボスの指令で「誰も殺 …, VFXを駆使したアメコミ原作のアクション、コンスタンティンをご紹介します。 コンスタンティン [Blu-ray] posted with カエレバ キアヌ・リーブス ワーナー・ブラザース・ホームエンタ …, ポリスストーリーREBORN【ネタバレ感想】ジャッキー映画の内容と結末がこれまでとは大きく異なる新展開に, 危篤の娘を病院に残し、警護任務に付いた国際捜査官リンは人造人間『バイオノイド』を巡る陰謀に巻き込まれます。 バイオノイドは逃亡、重傷を負ったリンに告げられたのは娘の死でした。 13年後、シドニーに再び …. 映画の各要素(10点満点中) 序盤・中盤・ラスト(5点満点) ダークナイト・ライジングは何点!?観るべき? 『ダークナイト・ライジング』のあらすじ・ネタバレ. 『ダークナイト』は、米国ではいまや興行新記録の投売り大セール状態である。その勢いたるや、永遠に破れないと言われた「タイタニック」の不沈神話にも迫る勢いだ。 あらすじネタバレ1:騙されたセリーナ 『ダークナイト ライジング』は、クリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作「ダークナイトトリロジー」の最終章です。, 復活を果たしたバットマンに立ちはだかる最大の強敵、ベイン、そしてバットマンが対峙する過去とは?, 主演のクリスチャン・ベールに加えて、お馴染みの豪華メンバーが再集結。幾多の“過去”が絡み合い、“未来”へつながる、映画『ダークナイト ライジング』をご紹介します。, (C)2012 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC, 【キャスト】 2012年7月28日公開の映画『ダークナイト ライジング』 クリストファー・ノーラン監督の《ダークナイト・トリロジー》3作品目。最後を飾るにふさわしい内容だった … トンネルから脱出した警官隊は、ピーター・フォーリー副本部長(マシュー・モディーン)に率いられて、ベインの市民軍に戦いを挑みます。発砲したベイン側の戦車の前に、バットマンの飛行車バットが立ちはだかって、士気も上がり交戦状態となります。キャットウーマンはがれきを吹き飛ばし道を開けます。 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); バットマンは格闘戦になりますが、ベインの方が強くて優勢です。バットマンはベインのマスクを破壊して一気に形勢逆転し「起爆スイッチの場所をはけば死ぬことを許す。強さを学び脱獄したのはおまえだけではない」と言うと、後ろからミランダに刺され「脱獄したラーズ・アル・グールの子は私よ」, 奈落から脱獄したラーズ・アル・グールの子は、ウェイン産業最高職のミランダ・テイト(マリオン・コティヤール)で、彼女は実父ラーズ・アル・グール(リーアム・ニーソン)を探し出した後、奈落からベインを救い出し、影の同盟で修行しますが、ミランダを愛したベインは破門され、ミランダは父を恨みます。, ところがバットマンがラーズを殺したため、今度はバットマンとゴッサム・シティを憎み破壊することにしたのです。起爆スイッチを持つゴッサム市民とはミランダのことで、それを押します。しかし少し前にゴードンが命をかけて、起爆の妨害装置を設置したため爆発しません。が、時限装置で11分後には爆発です。, ブレイクは孤児院の子ども等をスクールバスに乗せて、ゴッサムを橋から脱出しようとしますが警官隊にはばまれ、橋は爆破されます。ミランダは装甲車タンブラーで中性子爆弾を積んだトラックに追いつき乗り移ります。キャットウーマンの助けでベインを倒して、バットマンもバットでトラックを追います。, タンブラーが放った高性能な追跡弾もバットでかわして、タンブラーを破壊し、爆発を止められる融合炉へと誘導します。トラックを落として止めると、運転席のミランダはプログラム書き換えで核融合炉を川に沈めたと伝え「ゴッサムは終わる」と言い残して絶命します。これで爆弾を止める方法はなくなります。, バットマンは爆弾を沖まで運ぶと言い、キャットウーマン「無人で?」、バットマン「自動操縦はない」。ゴードン「正体を教えてくれ」。バットマン「ヒーローはどこにでもいる。絶望の少年の肩に上着をかけ、世界の終わりではないと励ました男のように」。ゴードンはそれで正体がブルースだと気づきます。, バットマンは、足止めされたブレイクらのスクールバスに見送られながら、飛行車バットで爆弾を海の沖へ運び爆発させます。自動操縦機能はないため、バットマンも犠牲になったのでしょう。ブルース・ウェインの墓には、執事アルフレッドも来て「私は裏切った。またお守りすることが出来なかった」と嘆きます。, ブレイクは悪人を裁くことのできない足かせから解放されるため、ゴードンの引き止めも聞かず刑事を辞職します。ゴッサムを救ったバットマンの彫像が建てられます。ブルース・ウェインの遺産はアルフレッドとゴッサムに引き継がれ、両親の名で「マーサ&トーマス・ウェイン記念孤児院」も建てられます。, ジョン・ブレイクは本名が「ロビン」だとわかります。これはアメコミファンへのサービスで、原作で仲間として出て来るヒーロー名です。バットマンが何度も「マスクをかぶれ」と言ってた理由です。ロビンはバットケイブへたどり着き、バットマンの後継者になりそうな雰囲気です。, ゴードンはバットシグナルを修復します。ルーシャスは飛行車バットの自動操縦が、半年前にブルースによって完成し書換えられてたことを知ります。アルフレッドは以前ブルースに話した夢のとおりカフェで、真珠ネックレスした女性セリーナ(アン・ハサウェイ)と一緒のブルースを見つけてにっこり微笑みます。, 前作ほど重厚ではないけど、その分エンタメ要素もあり、敵キャラのベインだけでなくキャットウーマンやブレイクなどキャラの見どころも満載だし、ラストでのバットマンの決断やその後の畳みかけるような伏線回収は気持ち良いので、ぜひ1度は観ることをおすすめします!, ジョーカーはほぼ単独犯だったのに対し、今回はもっと組織運営した敵が登場しテロや革命を起こす展開になります。また、精神攻撃のジョーカーに対し、ベインは肉体的にバットマンを苦しめたという意味でも対照的, 情報量は多くて伏線も回収もきっちりできてるので、1本の映画としての出来は素晴らしくて好み, ストーリーはよく練られてるし、ベイン、キャットウーマン、ブレイクなども魅力的だし、ラストで感動させた後にも驚きの事実が判明したりと最後まで楽しませてくれるので、おすすめ映画, アメコミファンへのサービスで、原作で仲間として出て来るヒーロー名です。バットマンが何度も「マスクをかぶれ」と言ってた理由, クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、モーガン・フリーマン, (C)Warner Bros. Pictures/Syncopy Films、Legendary Pictures. ダークナイト ライジングの動画を配信している動画配信サービスをご紹介します。aukana(アウカナ)動画配信サービス比較ではHuluやU-NEXT、dTVなど人気のおすすめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを編集部が厳選してご紹介!更に月額料金、配信作品数や評判で一覧比較も可能! DCコミックスの作品ですが、DCエクステンデッド・ユニバースより前に作られたため、そこには属しません。3部作第2弾『ダークナイト』の続編で、クリストファー・ノーラン監督作としては最終話です。 前作のジョーカーがあまりにも最強の悪役ぶりを発揮したので、それ以上のヴィラン(悪役)は難しいのでは?と思いましたが、ジョーカーはほぼ単独犯だったのに対し、今回はもっと組織運営した敵が登場しテロや革命を起こす展開になります。また、精神攻撃のジョーカーに対し、ベインは肉体的に … さらに「ダークナイト・ライジング」の評価やメディアでの取り扱われ方や、「ダークナイト・ライジング」の名言もご紹介します。 アメコミを代表する映画シリーズにまで発展したバッドマンは果たして今回はどのような物語を紡ぎ出すのでしょうか。 ダークナイトが『正義はどこにあるのか』を問う物語だったのなら、ライジングはバットマンという男の物語。そもそもダークナイトとはベクトルが違う。 これほどまでに完成された三部作は他に無いでしょう。誕生、挫折、再起。芸術的な構成です。 ダークナイトライジングの口コミと評価は? とうわけで「ダークナイト ライジング」の口コミをTwitterから集めてみました。 あたしは三部作の中ではダークナイトライジングが一番好きかも! — ヒライ (@solllolll) October 9, 2019 DCコミックスのダークナイト3部作の第3弾。『ダークナイト』の続編。ジョーカー事件の8年後、ゴッサムシティは英雄ハービー・デントが伝え..(ネタバレ感想考察↓), この先はネタバレありの感想考察です。続編前作や関連映画は、クリストファーノーラン監督映画一覧も参考にしてください。, DCコミックスの作品ですが、DCエクステンデッド・ユニバースより前に作られたため、そこには属しません。3部作第2弾『ダークナイト』の続編で、クリストファー・ノーラン監督作としては最終話です。, 前作のジョーカーがあまりにも最強の悪役ぶりを発揮したので、それ以上のヴィラン(悪役)は難しいのでは?と思いましたが、ジョーカーはほぼ単独犯だったのに対し、今回はもっと組織運営した敵が登場しテロや革命を起こす展開になります。また、精神攻撃のジョーカーに対し、ベインは肉体的にバットマンを苦しめたという意味でも対照的です。, ただ、ゴッサムシティの市民を人質にするのは似ています。主役はバットマンことブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)ですが、本当に活躍するのは、ラストだけで、序盤から中盤のほとんどの場面は、ベインの作戦進行とブレイクやゴードンを中心とする警察との戦いを描いています。, 前作に比べるとメッセージ性は少なくて、テロによるクライム・アクション要素が強いよくある展開なのは拍子抜けですが、情報量は多くて伏線も回収もきっちりできてるので、1本の映画としての出来は素晴らしくて好みです。ただ、雑な部分も多くつっこみどころ満載なので、気になる人はいるかもしれません。, トム・ハーディ演じるベインは印象的なキャラですが、恨みのないゴッサムをあそこまで苦しめる動機はミランダのためだとしてもわかりづらいです。8年間引きこもってたブルースのヘタレ具合いもつっこみどころですが、久々の登場時と死亡時期がバットマンと同じなので、正体バレしない方がおかしいです。, また、市民軍の裁きで氷上を歩かせることも必然性がなく、バットマンがゴードンを助ける時にいつ割れるかわからない氷上で点火させたり、その先のバットシグナルを作る時間があるなら、キャットウーマンにさせた仕事を自分で出来たし、そもそもシグナルを作ってる間にバレる気がするので間抜けな演出です。, 他にもおかしい展開はいくつもありますが、架空世界のことだと考えて目をつむって見るのが得策だと思います。ストーリーはよく練られてるし、ベイン、キャットウーマン、ブレイクなども魅力的だし、ラストで感動させた後にも驚きの事実が判明したりと最後まで楽しませてくれるので、おすすめ映画です!, 前作『ダークナイト』でハービー・デント検事(アーロン・エッカート)がヒーローとして死んでから8年、デント法とジェームズ(ジム)・ゴードン市警本部長(ゲイリー・オールドマン)の取組みにより、ゴッサムシティのマフィアなど組織犯罪はほとんど壊滅されています。, バットマンは、ハービーの罪をかぶって暗黒の騎士(ダークナイト)として姿を消しています。その正体ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)はレイチェルの死に傷心し、戦いで受けた足の傷で歩くこともままならず、ウェイン産業の会長職だけでなく、世間からも隠れて隠居生活しています。, セリーナ・カイル(アン・ハサウェイ)はブルースの部屋へ食事を運ぶ侍女に変装して、金庫の真珠ネックレスを盗みますが、ブルースに見つかると、軽々と逃走します。ブルースは執事アルフレッド・ペニーワース(マイケル・ケイン)に「彼女とデートすれば?」と言われ、指紋を盗みに来たのだと話します。, ゴードン市警本部長は、デントが殺人鬼に落ちた事実を知ってるため、彼を称える演説では何も話せません。今も熱心に犯罪取り締まりに尽くしていますが、署内では煙たがられています。警官のジョン・ブレイク(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)にバットマンの正体を聞かれるとバットマンと言います。, セリーナは盗んだブルースの指紋を、ジョン・ダゲットの部下と取り引きしますが裏切られたため、警察に通報します。セリーナはか弱いふりして脱出し、ダゲットの傭兵団とゴードンの市警が銃撃戦となり、地下の下水道を追ったゴードン部隊は全滅し、ゴードンは捕まります。, 少し前、ベイン(トム・ハーディ)はレオニード・パヴェル博士(アロン・アブトゥブール)の飛行機を襲撃して拉致します。ベインは地下で孤児院出身の若者などを集めて、何か作業中です。ゴードンはベインの所へ連れて行かれ書類を盗まれますが、すきをついて下水道に逃れて、重傷ながら命は助かります。, 警官のブレイクはブルースを尋ね、バットマンの正体を知ってること、復帰してゴードンを助けてほしいこと、孤児院出身だが今はウェイン産業からの資金がストップして経営難であることを伝えます。ブルースはウェイン産業の役員ダゲットが、西アフリカの採掘事業でベインを傭兵として雇ってたことを知ります。, ブルースはセリーナに関心を持ち、彼女が宝石泥棒で前科があり安アパートで友人女性と暮らしてることを突きとめ、久々に社交パーティに出席して一緒に踊ります。セリーナ「もうすぐ嵐が来て、持てる者でなくなるわよ」。ブルースは真珠ネックレスを取り戻しますが、チケットや車を盗まれてしまいます。, ブルースはルーシャス・フォックス(モーガン・フリーマン)とも久々に会い、ダゲットの陰謀はミランダ・テイト(マリオン・コティヤール)が抑えるだろうと聞き、会社の倉庫の飛行車「バット」も見せられます。自動操縦がまだできないのは伏線です。ブルースは足のリハビリを開始し、機械で強化します。, 執事アルフレッドの情報によると、ベインは地下牢獄「奈落」出身です。1作目『バットマン ビギンズ』のブルースの師匠で影の同盟のリーダーのラーズ・アル・グールに鍛えられ、後に破門されたそうです。アルフレッドは、ブルースがバットマンに復帰しても勝てないと心配してます。, ベイン(トム・ハーディ)は株式証券取引所を占拠して、ダゲットがキャットウーマンことセリーナ(アン・ハサウェイ)から入手したブルース(クリスチャン・ベール)の指紋を利用して何かを仕掛けて逃亡します。8年ぶりにバットマンが現れて逃亡犯を追いますが、警察はバットマンの方を追いつめます。, 一方、ウェイン産業の役員で会社乗っ取りをねらうダゲット(ベン・メンデルソーン)にタダで指紋を取られたキャットウーマンは屋敷に侵入して「クリーン・スレート」という犯罪歴や個人情報を抹消するソフトを探しますが、傭兵団に追われます。そこへ警官隊をまいたバットマンが現れて救い出します。, ブルースを心配するアルフレッドは、レイチェルの愛がブルースを前進させないと感じ、彼女の最後の手紙に「デントを選ぶ」と書かれてたことと、それをブルースに渡さず燃やしたことを告白して、執事をやめて出ていきます。翌朝ルーシャスにより、ブルースは自分が先物取引で破産したことを聞きます。, そしてブルースはウェイン産業の会長職も失職することになり、ダゲットに開発したものを奪われる前に、ミランダ・テイトを最高職にするよう工作します。ルーシャスはミランダを川の地下に連れていき、ブルースと一緒に未来のクリーンなエネルギーの核融合炉を見せ、悪人に利用されないようたくします。, ウェイン産業の役員会では、無事にミランダがブルースの後継者となります。選出されなかったダゲットは、ベインを雇ってたつもりでしたが殺されます。警官のブレイクはベインの地下作業に疑念を抱き、ゴードンに「刑事は偶然を信じない」と言われて熱い男としてゴードン配下の刑事に昇進します。, ブルースは屋敷だけは奪われずにすみますが、電気などは止められます。ミランダ・テイト(マリオン・コティヤール)と一夜をともにしますが1人で出ていきます。ブルースはセリーナに頼んで、傭兵団の隠れ家へ侵入しますが、ベインのあまりの強さに返り討ちにあい、国外の地下牢獄「奈落」に幽閉されます。, ベインはブルースを殺さず、重傷と飢えで動けなくしたまま、ゴッサム・シティの崩壊をTVで見せて魂を苦しめ、ラーズ・アル・グールの計画を完成させようとします。ベインは地下からウェイン産業の武器庫へと掘り進み、タンブラーなど強力な兵器を奪います。ゴードンは全力で阻止するよう指示します。, 国外逃亡を図ったセリーナは、ブレイクに捕まり、警察の牢屋に収容されます。ウェイン産業はベインが乗っ取り、冒頭で誘拐したパヴェル博士により核エネルギーを中性子爆弾に作り変えて、核融合炉から切り離して不安定にし、5ヶ月後に爆発させます。ブレイクはベインの土木工事のねらいを調査します。, ブレイクはプラスチック爆弾に気づき、副本部長に警官隊の一斉突入の中止をお願いしますが間に合わず、市警のほとんどは地下トンネルに閉じ込められます。ゴッサムと外をつなぐ橋は破壊され、NFLスタジアムのグランドも地下にのみこまれ、ベインは爆弾を止められるパヴェル博士をそこで殺害します。, ベインはゴッサムシティへの外界からの干渉や、外へ脱出する者が確認されたら、中性子爆弾を爆発させると宣言します。起爆スイッチは名も無き市民の1人が持つそうです。アメリカ政府も表向きは不干渉と、外への脱出者を見張ることにします。警官狩りの前に、ゴードンはブレイクに助け出されます。, ベインはブラックゲート刑務所の前で、ゴードンから奪った未発表の演説原稿を読み上げます。正義と希望の象徴で光の騎士であるハービー・デントが実は殺人犯で、ゴードンの息子を殺そうとしたのにヒーローとして賞賛してきたこと、バットマンはデント殺しでないどころかその罪をかぶったことを暴露します。, まずブラックゲート刑務所の囚人が解放され、セリーナも出ます。ベイン率いる市民軍を創設して装甲車タンブラーなどで街を見回り、市民を搾取してきた金持ちの財産を市民に分配し、裁きも独自に執り行います。3ヶ月が経ち、ゴードン、ブレイクらは反撃準備をすすめ、トンネルの警官隊とも連絡を取ります。, 中性子爆弾を積んだトラックは、偽装した3台が常に移動し、鉛性のため衛星からスキャン不可だが、移動ルートは確認できてます。しかし爆弾は不安定で爆発まであと二十数日です。その会合もベインらにバレて、多くの仲間が殺害されます。裁きで追放された者は、氷の上を歩かされ最後は川に落ちて死にます。, 一方、地下牢獄「奈落」で立つこともできないブルースは囚人に昔話を聞きます。ある地の将軍の娘にほれた傭兵がいて、娘の願いで傭兵は追放ですみますが、娘と産まれた子は「奈落」に収容され、やがて娘は囚人に殺され、子は囚人の男に守られます。ブルースは幻影で傭兵がラーズ・アル・グールだと気づきます。, 奈落では疫病がはやったことがあり、適切な治療も受けられず多くが死にますが、ベインはマスクの薬注入を続けることで生きのびてるそうです。ブルースは医者に背骨を謎の治療で治してもらい体を鍛えて、奈落からの脱出を試みますが失敗します。過去に成功したのは、傭兵ラーズ・アル・グールの子ただ1人です。, ブルースは何度か失敗し、囚人の1人に「死を恐れてないのが弱点だ。脱獄した子は命綱なしでの覚悟だった」と聞いてロープを結ばず挑戦し、脱出に成功します。ブルースはゴッサムに戻り、セリーナことキャットウーマンに協力をお願いします。無一文で国外から戻ったり、ゴッサムへ入った方法は不明ですが。, ゴードンらは翌日の爆発に備え、トラックにGPSを付けます。ミランダも協力します。ゴードンは市民軍に捕まり、クレイン(キリアン・マーフィー)の裁きで追放となり氷の上を歩きます。ブルースはわざと市民軍に捕まり、ルーシャスと再会し、キャットウーマンの裏切りにより、秘密基地へ行きます。, バットスーツを手に入れ、市内ビル屋上に隠してた飛行車バットの兵器E.M.Pブラスターを、起爆装置の通信手段マイクロバーストの妨害装置に転用します。ルーシャスはまた飛行車「ザ・バット」の自動操縦は横着なのでないと言います。氷上のゴードンも救い、起爆の妨害装置を渡して取り付けるように言います。, 氷上で点火させて、高層ビルにバットシグナルを復活させ、ベインらを動揺させます。しかし今にも氷が割れそうな所で点火するのは常識的には考えられません。バットマンはブレイクも助け「大事な人を守りたいならマスクを付けろ」と言い、バットの強力機関銃で閉じ込められた警官隊を解放します。, バットマンはキャットウーマンにバイク型のバットパッドをあずけ「崩落したがれきをキャノン砲で吹き飛ばして道を通せ」と指示しますが、キャットウーマンは「一緒に脱出しよう」と誘います。しかしバットマンは「まだ捧げるものがある」と言って行きます。命を捧げるつもりなのだと感じました。. クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、アン・ハサウェイ、トム・ハーディ、マリオン・コティヤール、ジョセフ・ゴードン=レビット、モーガン・フリーマン、マシュー・モディーン、ベン・メンデルソーン、バーン・ゴーマン、アロン・モニ・アブトゥブール、ジュノー・テンプル、ダニエル・サンジャタ、クリス・エリス、トム・コンティ、ネスター・カーボネル、ブレット・カレン、エイダン・ギレン、リーアム・ニーソン、ジョシュ・ペンス、キリアン・マーフィ、ジョーイ・キング, 【作品概要】 『ダークナイト・ライジング』のクライマックス、バットマンとベインは市庁舎前で壮絶なりファイトを繰り広げました。そしてベインの弱点であるマスクを破壊することでバットマンはベインを一度は倒すことができました。 映画『インセプション』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『インセプション』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『インセプション』の動画配信状況は2019年12月現在のものになります... 以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ダークナイト ライジング』ネタバレ・結末の記載がございます。『ダークナイト ライジング』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。. 『ダークナイト ライジング』を総合評価するなら? 『ダークナイト ライジング』を総合評価するなら、星5中の星3評価である。 うーん、まぁ面白くないわけではない。 感情が山になったり谷になったりと起伏の変化を感じられるし、山場ももちろんあった。 ダークナイト・トリロジー 公式サイト. ダークナイトライジングを無料で視聴できる方法を知りたいな。この記事では、映画「ダークナイトライジング」を無料で視聴できる方法をご紹介するほか、あらすじや口コミ評価(ネタバレなし)についても言及しています。ダークナイトライジングは、クリストフ クリストファー・ノーラン監督によるダークナイト・トリロジーの最終章として製作された『ダークナイト ライジング』(2012)。 オープニング3日間での興行収入では、前作の『ダークナイト』(2008)を上 「ダークナイト ライジング」もその流行に沿ったもので、名もなき市井の人々の活躍を丁寧に描いている。ヒーローは固有名詞ではなく、だれでもなりうる。そんな、大災害時代の主張がさりげなくうかが … 映画「ダークナイト ライジング」を無料で見る方法を知りたくありませんか?本記事では映画「ダークナイト ライジング」の無料視聴方法について分かりやすく解説しています。参考にして下さい。 「ダークナイト」三部作にして最終章となった『ダークナイト ライジング』。言うまでもなく世界中を熱狂の渦に巻き込み大ヒットしました。映画には知らない方が多い事実がたくさん。今回は厳選して19の知られていない事実を大紹介! Amazon.com で、ダークナイト ライジング (吹替版) の役立つカスタマーレビューとレビュー評価をご覧ください。ユーザーの皆様からの正直で公平な製品レビューをお読みください。 『ダークナイト・ライジング』84点評価の理由. ダークナイトシリーズをまだ観てない!という方へ、映画『ダークナイト』についての口コミ・おすすめシーンを紹介していきたいと思います!面白くて傑作なのか、またはつまらない・面白くないのか多くの人の口コミをまとめました! ダークナイト ライジングの映画情報。7589件のレビュー(口コミ・感想・評価)、内容・ネタバレ、あらすじ、予告編・予告動画、公開映画館情報、公開スケジュール、監督・出演者の関連映画情報、ダークナイト ライジングの動画を配信している動画配信サービスの情報。 ダークナイト ライジングの評価 2012年アメリカ映画クリストファー・ノーラン監督 クリスチャン・ベイル主演 今作はゴッサム・シティが平和を取り戻した8年後、突如現れたベイン 本作『ダークナイト』は三部作の2作目なので、続編『ダークナイト・ライジング』も公開済みです。同じクリストファー・ノーラン監督作なので、興味ある人は観てみてください。 ジョーカーが恋しくなるかも しれませんよ。 バットマンシリーズ最終章となるクリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト ライジング』は、ミランダやベインなどの強力なキャラが暴れまくる快作ですが、よく考えるとおかしな場面がチラホラと…。気になるラストシーンまでネタバレ全開で解説します! 日本ではそこまで売れませんでしたが、Yahoo!映画の評判では約4000件の評価で星4.1とかなりの高評価です。 ダークナイト ライジングの感想・考察・解説【ネタバレあり】 ダークナイト ライジングの感想・考察を話していきますが、所々ネタバレしています。 映画『ダークナイト』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『ダークナイト』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『ダークナイト』の動画配信状況は2018年9月現在のものになります。VOD(... 映画『バットマン ビギンズ』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます!↓今すぐ『バットマン ビギンズ』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓なお、当記事でご紹介している映画『バットマン ビギンズ』の動画配信状況は2019年2月現在の... 映画インセプション|動画フル無料視聴!DVDより配信でクリストファーノーランを見る, “沈黙”と“復活”に至る心境は矛盾しているように感じられますが、本来、人間には相反する感情を内包している, 不安定な世の中、先行きが見えない未来だからこそ、バットマンは希望を信じて立ち上がることを私たちに伝えたかったのかもしれません, 映画『サイレント・トーキョー』ネタバレあらすじ解説とキャストの配役評価。最後まで誰が生き残るのか⁈, 韓国映画『ザ・コール』ネタバレ感想解説と結末までのあらすじ。パクシネとチョンジョンソの時空を超えた血みどろバトル|Netflix映画おすすめ7, 映画『罪の声』ネタバレあらすじと感想レビュー。実在の未解決事件の真相を解き明かすミステリー!, 映画『ミッドサマー』あらすじネタバレと感想。「ヘレディタリー」を軽々と凌駕する狂気に満ちた夏祭り!, 映画『AKIRA』あらすじネタバレと感想解説。アキラの正体と肉塊となった鉄雄を考察!, 映画The Witch魔女|ネタバレ感想。ラスト結末までノワール・SFサイキック・バイオレンスが作り込まれた秀作, 『来る』ネタバレ感想と考察。ホラー映画に登場したアレの正体を解説【オムライスのくにへいってみたいの意味も】.

京都 カフェ バイト 髪色自由, フェイクグリーン 壁掛け 作り方, アシックス シューズ 歴史, 90 タンクトップ 男の子, ナイキ ズームフライ3 評価, 源泉徴収票 エクセル 令和2年 無料, インデザイン スウォッチ 使用箇所,

Follow me!